>  >  > 安倍が目論む改憲、緊急事態条項とは

安倍首相が安保の次は「改憲を争点にする」と宣言! 自民党が目論む「緊急事態条項の新設」は9条改正よりヤバい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
honobonokenpou_01_150926.jpg
自民党が作成した改憲マンガ『ほのぼの一家の憲法改正ってなあに?』(自民党HPより)

 安保の次は改憲──。安倍晋三首相が24日の会見で「平和主義など現行憲法の基本原則を維持することを前提に必要な改正を行うべきだ」と述べ、来年夏の参院選では憲法改正を自民党の公約に掲げることを明言した。

 ただ、そうは言いつつも、具体的に何の条文を変えるかということまでは話さなかった安倍首相。じつは、ここに大きなポイントがある。というのも、安倍首相は本丸の9条ではなく、「災害時の緊急事態条項の新設」や「環境権」「財政規律条項」を全面展開し、世論を誘導しようと目論んでいることは目に見えているからだ。

 これら3つの条項はすでに自民党が優先的に改正しようと提案しており、例の「法的安定性は関係ない」発言の礒崎陽輔首相補佐官も、今年3月に行われた講演会で「一番テーマになっているのは緊急事態条項だ。そういうことをまずやっていきたい」と話している。なぜこれを優先させるかといえば、国民の支持を得られそうな条項を全面に押し出し、「改憲って必要だよね」のムードづくりを行うことにある。そして、その勢いで9条も変えてしまおう……。それが自民党の目論見だ。

 だが、じつはこの「災害時の緊急事態条項の新設」こそが、9条の改定と並ぶほど危険な、別の言い方をすれば“保守派の悲願”といってもいい案件なのだ。

「災害時の緊急事態条項」とは、簡単にいえば、巨大地震などの災害が起こった際に首相が緊急事態宣言を行えば、内閣は国会での事前承認なしに財政措置などをとることができるようになる条項だ。

 たとえば、自民党の憲法改正推進本部が国民の“啓蒙”のためにつくった改憲マンガ『ほのぼの一家の憲法改正ってなあに?』にも、この緊急事態条項は改憲の必要性を説くくだりでこんなふうに描かれている。

この記事に関する本・雑誌

安倍「壊憲」を撃つ (平凡社新書)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 大橋巨泉が遺言で安倍晋三を痛烈批判!
2 安倍自民党がリニアに30兆円投入の裏
3 文春に疑惑報じられた青山繁晴の珍発言
4 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
5 ファンキーがW不倫後初の雑誌対談で…
6 広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
7 ナンシー関の長渕剛論がすごい
8 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
9 NEWS加藤がSEALDsに賛同!
10 稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
11 安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
12 大手メディア参院選情勢調査の結果は
13 キムタク最大のタブーとは?
14 冨永愛の自伝が壮絶すぎる!
15 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
16 小林麻耶、乳がんの妹・麻央への思い
17 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
18 高市早苗発言に池上、田原らが抗議!
19 『朝生』を自民公明議員がドタキャン
20 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
PR
PR
1フジロックに政治を持ち込むなというバカ
2安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
3参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
4稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
5田崎史郎に自民党が政党交付金から金
6報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
7山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
8安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
9「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
10NHKディレクターが語る原発報道圧力
11大手メディア参院選情勢調査の結果は
12広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
13党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
14五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
15安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
16百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
17NEWS加藤がSEALDsに賛同!
18安倍のPR動画パロディを自民党が削除
19森山農水相らの賄賂疑惑にテレビが沈黙
20大橋巨泉が遺言で安倍晋三を痛烈批判!
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」