「生理がないのが悔しい」TEAM NACS安田顕の役づくりがスゴすぎる! 鈴木亮平も唖然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yasudaken_150826.jpg
『アクターズ読本』(洋泉社)

NHK連続テレビ小説『花子とアン』でブレイクし、『天皇の料理番』(TBS系)で幅広い層に知名度を上げた俳優の鈴木亮平。甘いマスクと日本人離れした肉体が目を引くが、なにより彼の名を広げたのは、その壮絶な役づくりだ。

 通常は70kgほどの体重だが、見せ場がV字水着姿という映画『HK 変態仮面』に主演した際には、85kgまで増やした後に脂肪だけを落として体脂肪は8%に。病に侵される役を演じた『天皇の料理番』では食事制限で56kgまで落とし、心優しき大男を演じる映画『俺物語!!』では86kgまで増やし、増減は計30kgあまり。

 しかし、その鈴木にブログで「俳優としての格の違いをまざまざと見せつけられた」「まさに狂気!もはや殺気!」と言わしめた男がいることをご存じだろうか。近年、多くのドラマや映画に引っ張りだこの男――演劇ユニット「TEAM NACS」の安田顕、彼こそが鈴木を圧倒した俳優なのだ。

 安田といえば、大泉洋を全国区に広めたローカル番組『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)の“準レギュラー”として、数々の伝説を生みだした“奇跡を呼ぶ男”。テレビ番組にもかかわらず早食い対決で牛乳を「大リバース」したり、同局マスコットの「onちゃん」として着ぐるみをかぶって出演していたはずが、いつの間にか着ぐるみの顔部分を外して煙草を吸っている瞬間をカメラに撮られたり。『鈴井の巣』(同)という番組では、包茎手術を受ける一部始終を放送するなど、端正な顔立ちと、残念な中身のギャップで熱烈なファンをつかんでいる。

 もちろん、ファンが支持しているのはたしかな演技力があってのこと。鈴木の体重増減のように“数字”として表せるものではないが、安田の役づくりは愚直なほどの役にのめりこむ彼の姿勢にあるのだ。

 たとえば、TEAM NACSの舞台『COMPOSER~響き続ける旋律の調べ』でモーツアルトの亡霊を演じた際には、幽霊なのに色黒なのは変だと考え、日焼け対策を徹底し、青白いほどの白さを死守。さらには眉毛を勝手に剃り落し、事務所からお灸を据えられたという逸話を持つ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アクターズ読本 (洋泉社MOOK)

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「生理がないのが悔しい」TEAM NACS安田顕の役づくりがスゴすぎる! 鈴木亮平も唖然のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。江崎理生鈴木亮平の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも