>  >  > TEAM NACS安田顕の役づくり

「生理がないのが悔しい」TEAM NACS安田顕の役づくりがスゴすぎる! 鈴木亮平も唖然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yasudaken_150826.jpg
『アクターズ読本』(洋泉社)

NHK連続テレビ小説『花子とアン』でブレイクし、『天皇の料理番』(TBS系)で幅広い層に知名度を上げた俳優の鈴木亮平。甘いマスクと日本人離れした肉体が目を引くが、なにより彼の名を広げたのは、その壮絶な役づくりだ。

 通常は70kgほどの体重だが、見せ場がV字水着姿という映画『HK 変態仮面』に主演した際には、85kgまで増やした後に脂肪だけを落として体脂肪は8%に。病に侵される役を演じた『天皇の料理番』では食事制限で56kgまで落とし、心優しき大男を演じる映画『俺物語!!』では86kgまで増やし、増減は計30kgあまり。

 しかし、その鈴木にブログで「俳優としての格の違いをまざまざと見せつけられた」「まさに狂気!もはや殺気!」と言わしめた男がいることをご存じだろうか。近年、多くのドラマや映画に引っ張りだこの男――演劇ユニット「TEAM NACS」の安田顕、彼こそが鈴木を圧倒した俳優なのだ。

 安田といえば、大泉洋を全国区に広めたローカル番組『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)の“準レギュラー”として、数々の伝説を生みだした“奇跡を呼ぶ男”。テレビ番組にもかかわらず早食い対決で牛乳を「大リバース」したり、同局マスコットの「onちゃん」として着ぐるみをかぶって出演していたはずが、いつの間にか着ぐるみの顔部分を外して煙草を吸っている瞬間をカメラに撮られたり。『鈴井の巣』(同)という番組では、包茎手術を受ける一部始終を放送するなど、端正な顔立ちと、残念な中身のギャップで熱烈なファンをつかんでいる。

 もちろん、ファンが支持しているのはたしかな演技力があってのこと。鈴木の体重増減のように“数字”として表せるものではないが、安田の役づくりは愚直なほどの役にのめりこむ彼の姿勢にあるのだ。

 たとえば、TEAM NACSの舞台『COMPOSER~響き続ける旋律の調べ』でモーツアルトの亡霊を演じた際には、幽霊なのに色黒なのは変だと考え、日焼け対策を徹底し、青白いほどの白さを死守。さらには眉毛を勝手に剃り落し、事務所からお灸を据えられたという逸話を持つ。

この記事に関する本・雑誌

アクターズ読本 (洋泉社MOOK)

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
2 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
3 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
4 あの産経が「南京虐殺40万人」と報道
5 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
6 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
7 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8 キムタク最大のタブーとは?
9 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
10 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
11 SMAP最後の日に中居と木村が
12 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
13 園子温がシンゴジラと君の名は。を罵倒
14 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 吹石一恵の音痴エピソード
17 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
18 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
19 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6安倍政権が“国策映画”計画へ
7DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
9SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
10メリルストリープの指摘は日本のことだ
11慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
12片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
13『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
14アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
15宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
18保護なめんなジャンパーは氷山の一角
19安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
20是枝監督「映画が日本に利用されてる」
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」