「みんな死ね!」と思っていた20代の前半。俳優・山田孝之が病んでいた暗黒の日々を明かす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yamadatakayuki_01_150622.jpg
カメレオン俳優・山田孝之の闇とは?(『21世紀深夜ドラマ読本』洋泉社)

『山田孝之の東京都北区赤羽』(テレビ東京)、『荒川アンダー ザ ブリッジ』(毎日放送)といったカルト的な人気を誇るドラマ作品に出る一方で、ジョージアやプレイステーションなど、大企業のCMにも登場する山田孝之。

『闇金ウシジマくん』(毎日放送)のようなコワモテ役から、映画『鴨川ホルモー』のコメディタッチの役まで、どんな仕事の依頼が来てもこなすことのできる“憑依型”の俳優である彼が、いかにしてそのような役者になることができたのか、そこに至るまでの葛藤を『21世紀深夜ドラマ読本』(洋泉社)掲載の吉田豪によるインタビューで語っている。

 まだ現在のような評価を得る前、20代前半から半ばにかけての時期に、彼は『WATER BOYS』(フジテレビ)、『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS)といったドラマに出演し、注目の若手俳優として活躍していた。

 だが、アイドル的な人気を得て順風満帆に見えた彼の心は“病んで”いた。

 その頃、彼が心酔していたのは、90年代のグランジムーヴメントを代表するアメリカのバンド、ニルヴァーナ。1994年に自殺したカート・コバーンを中心とし、鬱屈した思いを抱える少年少女からカリスマ的人気を得た彼らの音楽や詞は、“病”“うつ”“死”を連想させる暗いものだ。

 その時期の山田は、「ただ単に人がイヤになったりすると、みんな死ねと。でも、みんな死なないから僕が死ぬかなぐらいの感じでしたね」と言うぐらい荒んでいた。

 そして、その時期の山田はカート・コバーンの残した言葉に大いに共感する。

「なんの本か忘れましたが、ライブでステージに立つときに、出る瞬間タイムカードを押している気持ちになると。それはすごく僕も共感できて、「今本当にそんな感じだ、なんで俺こんなことやってるんだ」と思いながら仕事していて」

 出る作品はどれもヒットし、人気もあったが、事務所がもってきた仕事をただこなす日々に山田孝之は虚しさを感じていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

21世紀深夜ドラマ読本

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 辻元清美の“スパイ”作業員が否定証言
2 青山繁晴が森友問題で晒した嘘と醜態!
3 山本太郎が安倍のインチキを暴いた!
4 池上彰が政権のテレビへの圧力を明言
5 政府が隠していた籠池手紙の中身が判明
6 視聴者の会がNEWS加藤シゲアキを攻撃
7 核禁止条約に不参加に! 渡辺謙が批判
8 松本人志、森友スルーの裏に大阪万博
9 官邸、山口敬之がネトウヨ妄想に丸乗り
10 安倍が木村草太嫌がり報ステ出演中止
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
13 橋下徹が籠池証人喚問以来、完全沈黙
14 マツコが“忘れられない男”と首都高で
15 昭恵夫人が籠池妻に小川榮太郎を紹介
16 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
17 安倍の側近・北村内閣情報官の危険思想
18 渡辺謙が核軍縮に反対の安倍政権を批判
19 ECDの妻が明かした夫のがん闘病
20 百田など森友学園大好き文化人の醜態
PR
PR
1政府が隠していた籠池手紙の中身が判明
22枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
3 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
4安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
5 核禁止条約に不参加に! 渡辺謙が批判
6安倍100万円振込票と長女の目撃証言
7橋下徹が籠池証人喚問以来、完全沈黙
8迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
9安倍応援団の情報操作に騙されるな!
10官邸、山口敬之がネトウヨ妄想に丸乗り
11籠池証人喚問で自民党議員の質問に唖然
12昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
13辻元清美の“スパイ”作業員が否定証言
14田崎が“籠池が稲田にセクハラ”の噂を
15稲田夫が籠池と財務局との交渉に同席
16青山繁晴が森友問題で晒した嘘と醜態!
17籠池の依頼で昭恵夫人が口利きか
18松井知事が森友認可前に私学課に圧力?
19国税の税務調査を使った報道への圧力
20橋下後援会長の息子と籠池と元在特会
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」