明菜がマッチの教室に…うつ告白のフックンが明大中野の同級生アイドルの裏話を暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
fukawa_150614.jpg
布川敏和・布川隼汰・つちやかおり・布川桃花所属 芸能プロダクション T-BIRDオフィシャルウェブサイトより


 元アイドルがゴミ屋敷に住みうつ状態──。そんな衝撃の告白をしたのが元ジャニーズグループ・シブがき隊のフックンこと布川敏和だ。布川は6月8日に放映された『私の何がイケないの?』(TBS系)に出演し、前妻・つちやかおりと離婚以降、何をするのも億劫になり、自宅に引きこもり、さらに片づけられない大量のゴミや洋服に囲まれて住んでいると告白した。

 そんなフックンだが、別の媒体では、到底うつ状態とは思えないような行動に出た。それが「週刊現代」(講談社)6月13日号に掲載された「マッチにヨッちゃん、少年隊に明菜もいた教室で」という記事。布川はここで同級生だった歌手の中村あゆみといっしょに「明大中野高校」時代の同級生アイドルたちの大暴露大会を行ったのだ。

「明大中野」はアイドル全盛時代と言われた80年代、堀越学園と並び若いアイドルたちが多く通った“芸能界御用達”学校だ。当時、明大中野に在籍していたアイドルたちをざっとあげると、中森明菜、近藤真彦、野村義男、布川と同じシブがき隊だった本木雅弘、薬丸裕英、少年隊の東山紀之、植草克秀、錦織一清、奥居(現・岸谷)香、宇梶剛士、豊原功補、三田寛子、石川秀美、さらに布川の前妻・つちやも同校の出身と、確かに錚々たる面子だった。
 
 まず、2人は上記したように明大中野がいかにすごいアイドル学校だったか、誰が同級生だった、先輩だったかとの思い出話で盛り上がった後、当時のお互いの印象を語り合う。

〈中村 フックンたちシブがき隊は、学校で初めて会った時点からすごい人気でスターだった。でも学校では、全然偉ぶらなかったよね。特にフックンは女子にも気さくで一番話やすかった。
 布川 そういうアンこそ、普通の女性高生ではなかったぜ。シルバーフォックスの毛皮のロングコートを着て登校していたんだから〉

 なんだかお互いに過去の栄光をもち出し合って慰め合っているようで、少し痛々しい気持ちになるが、話は次第にあの2人のことに言及していく。そう、当時人気絶頂だった布川の先輩・近藤真彦と、その恋人・中森明菜だ。しかもビックリするのが近藤と中森の学校でのこんな知られざるエピソードだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

山口百恵→AKB48ア・イ・ド・ル論

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

明菜がマッチの教室に…うつ告白のフックンが明大中野の同級生アイドルの裏話を暴露!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画