NMBセンターに抜擢!須藤凛々花の「哲学愛」は本物なのか? 哲学研究者が検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sudouririka_01_150611.jpg
将来の夢は「哲学者」のアイドル・須藤凛々花(NMB48公式サイトより)


 7月15日に発売されるNMB48のニューシングル「ドリアン少年」のセンターに、2013年のドラフト会議でチームN入りしたばかりの須藤凛々花が選ばれ話題を呼んでいる。前作「Don't look back!」でも選抜入りはしていたものの、まさかの大抜擢となる。

 須藤凛々花というアイドルは、他の48グループメンバーとは一線を画すキャラクターをもっている。なんと、「将来の夢は哲学者」というのだ。300名近くのメンバーを擁し、「ガンプラオタクアイドル」もいれば、「呑兵衛アイドル」までいるなかで、そんな発言をする彼女の存在は異色だ。

 実際、須藤の公式ツイッターアカウントのフォロー欄を見ると、ミシェル・フーコー、マルクス、パスカル、西田幾多郎、レヴィナスといった、知の巨人たちのbotアカウントが並んでいる。こんなアイドルのフォロー欄は見たことがない。

 その特異なキャラクターには、見城徹や宇野常寛も注目。トークアプリ「755」やツイッターで賛辞のコメントを寄せている。

 しかし、彼女の哲学や現代思想へのアプローチや知識は「本物」なのだろうか?

 実はリテラはかなり早くから彼女に注目。哲学研究者にその「哲学愛」と「知識」について検証してもらう記事を配信していた。

 検証したのは、ジョン・サール『マインド 心の哲学』(朝日出版社)の共訳などで知られる、吉川浩満氏である。

 ここに、そのテキストを再録するので、ぜひ読んでいただきたい。
(編集部)

**********************************

「須藤凜々花ってどうなんすか、あれ?」

 知人の編集者からいきなりこんな質問をぶつけられた。どうもこうも誰それ? 聞き直してみたら、AKBグループのドラフト会議で最多3チームから1位指名され、競合の末にNMB48のチームNが交渉権を獲得した大型新人、らしい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

理不尽な進化: 遺伝子と運のあいだ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

NMBセンターに抜擢!須藤凛々花の「哲学愛」は本物なのか? 哲学研究者が検証のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48NMB48編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも