「僕は、淳君に映る自分を殺したかった」酒鬼薔薇聖斗が手記に綴った性衝動と本当の動機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
zekka_01_150610.jpg
『絶歌 神戸連続児童殺傷事件』(太田出版)

 1997年神戸で起きた連続児童殺傷事件。当時14歳だった加害男性“酒鬼薔薇聖斗”が、17年という時を経て、「元少年A」の名で出版した手記『絶歌 神戸連続児童殺傷事件』(太田出版)が大きな波紋を呼んでいる。

 発売日となった本日午後には、当時小学校6年生だった息子・淳君を殺された父親の土師守さんが、弁護士を通し「以前から彼がメディアに出すようなことはしてほしくないと伝えていましたが、私たちの思いは完全に無視されてしまいました」と、即時の出版中止と回収を求めた。

 確かに、加害者が17年も経た今になって手記を出版するということは、遺族にさらなる苦しみを与える行為かもしれない。また多くの人の目に触れ話題になることで、興味本位に騒がれる危惧もあるだろう。本書の最後には「被害者のご家族の皆様へ」として謝罪を表明もしているが、それを遺族たちが額面どおりに受け取れるはずもない。

 しかしその内容を読むと、同書はこれまでの猟奇的事件を起こした犯罪者の手記にあるようなものとは少し違う。そこに書かれているのは、自己正当化の弁明やうわべの謝罪ではなく、恐ろしいほどに自己を客観的に観察し、自分の犯罪や心理を見つめ直した犯罪分析書である。

 中でも、特筆すべきは、これまで隠していた真の犯行動機、自分の性癖にまで踏み込んで語っていることだろう。

「僕はこれから、精神鑑定でも、医療少年院で受けたカウンセリングでも、ついに誰にも打ち明けることができず、二十年以上ものあいだ心の金庫に仕舞い込んできた自らの“原罪”ともいえる体験を、あなたに語ろうと思う」

 こう前置きしたうえで、Aは自らの犯行のキーワードが“性的サディズム”にあり、それが劣等感の源泉だとして死と性について分析していく。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「僕は、淳君に映る自分を殺したかった」酒鬼薔薇聖斗が手記に綴った性衝動と本当の動機のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。殺人田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
2 安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
3 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
4 ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
5 小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
6 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
7 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
8 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
9 櫻井翔『先に生まれた〜』は維新礼賛?
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
12 民主解党論の裏にジャパンハンドラー
13 田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
14 安倍の地元で反安保講演に聴衆が殺到
15 大手メディア衆院選情勢調査の結果は
16 高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
17 昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
18 エイベックス不祥事頻発の背景は?
19 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
20 LDH新企業ロゴが炎上!HIROも迷走
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4原発ゼロは嘘!小池百合子が再稼働容認
5安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
6高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
7田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
8見苦しい!安倍首相が無告知ゲリラ街宣
9安倍首相が街頭演説からトンズラ
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11山本太郎「リベラルをひとりも減らすな」
12原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
13加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
14希望の党候補に性的関係強要の過去!
15自民党の政権公約の詐欺っぷりがひどい
16小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
17希望の党が候補者に党への上納金500万円
18ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
19昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
20大手メディア衆院選情勢調査の結果は

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」