クックパッドには載ってない? 料理の常識は間違いだらけ! ナポリタンがべちゃべちゃになるのは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
recipe_150531.jpg
『レシピはときどきウソをつく』(ホームライフ取材班・編/青春出版社)

 いまや料理初心者のみならず、ベテラン主婦まで取り込んでいるレシピ投稿サイト「クックパッド」。7月から宝島社との共同企画として「クックパッドmagazine!」を隔月刊行することを発表し、ますますのユーザー拡大が予測される。

 クックパッド最大の魅力といえば、もちろん、独創性あふれるレシピ。「集合知」というネットの特性を活かし、プロでは思いつかないようなユニークで手軽なレシピが集まっている。しかし、それゆえに手順や調理法が端折られていたり、不安を覚える手順だったりすることも少なくない。

 いまは健康志向の高まりで、効率よく栄養素を摂る料理法やうまみ成分を逃さない手順などが研究されるようになり、「料理の常識」が日に日にアップデートされている。いままでは正しいとされていた手順が、もう時代遅れだということも。そこで今回は、『レシピはときどきウソをつく』(ホームライフ取材班・編/青春出版社)から、知られていない料理の新常識を見てみよう。

 まずは素材の選び方・使い方。

 きゅうりは昔から「トゲがしっかりしている」ものが新鮮だと言われてきた。しかし、いまのきゅうりは、トゲのないものが主流になっている。そこで新鮮さの目安にしたいのが太さ。「片方(花が咲くほう)が膨らんでいるのは、水分がたまっている証拠で、ス(空洞)が入っている可能性も」あるそうで、太さが均一なものがGOOD。

 いまなお、手書きポップや包装紙に「上部は煮物・下部はおろし」といった使用法が書かれている“大根の使い分け”。だが、じつは使い分け自体不要なのだそう。というのも、「大根の辛みはミロシナーゼという酵素が作り出していて、この成分は皮の近くにある」そうで、皮を薄く剥くか・厚く剥くかで辛みを調整できるのだ。用途と部位が合わずに大根を余らせていた人には朗報だろう。

 また、知っているだけでうまみを増すのが、白菜の使い方。その形状からついつい外側の葉から使いがちだが、これはもったいないクセ。白菜の中心部はいちばん甘味があり、最初に使うべきは中心部なのだとか。となると、「残った外側の葉だけではおいしくなくなるのでは?」と心配になってしまうが、「中心部がなくなった外側の葉は、どんどんうまみ成分や糖を増やして、甘くおいしくなっていくことがわかっている」とのことで、これは球状になっている野菜全般に応用できるそうだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

レシピはときどきウソをつく (青春新書プレイブックス)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連キーワード

クックパッドには載ってない? 料理の常識は間違いだらけ! ナポリタンがべちゃべちゃになるのは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。レシピ江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃