あなたにとって演じるとは? 『情熱大陸』のインタビューはなぜ気恥ずかしいのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
monkirigata_150517.jpg
『紋切型社会 言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社)

 「育ててくれてありがとう」
 「あなたにとって、演じるとは?」
 「誤解を恐れず言えば」

 どこかで見聞きした言葉たちが、目次のなかにメニュー表よろしく並ぶ不思議な本に出会った。

 本のタイトルは『紋切型社会 言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社)、著者は編集者出身の新星ライター、本サイトの執筆者でもある武田砂鉄氏。メディアや日常生活のなかで反復され、私たちの頭のなかにも知らず知らず侵入する言葉たちを取り上げ、背後に隠れる思考パターンを考察したものだ。「武田節」とでも呼びたくなる独特の文体を前に、紋切型な思考の「筋」が浮かび上がっていく過程を読者は目撃することになる。

 法律を自分たちに都合良く解釈して社会を改悪する政治家はもちろんのこと、それに追随するメディアの迎合体質を、本サイトはこれまでこきおろし続けてきた。編集者時代、社会時事やノンフィクション書籍の担当だった武田は、そうした現在のメディアやジャーナリズムに隠れた「紋切型」を実に的確に取り上げている。いくつかの章を抜粋して紹介したい。

 まず紹介したいのが「あなたにとって、演じるとは?」。日曜夜に放映されるTBS系のドキュメンタリー番組『情熱大陸』。最近では売れっ子役者やアイドルを取り上げることも多くなったこの番組が、出演者によく投げかける質問だ。本質にズバリ斬り込むかのような問いかけだが、視聴者側にはインタビュアーのドヤ顔が目に浮かび、そこはかとない気恥ずかしさにとらわれる。この感覚ってなんだろう、と以前から思っていた。

 武田は「あなたにとって、演じるとは?」といった質問は、その実「『イイ言葉をちょうだい』という露骨な嘆願」なのだと、正面から斬り込んでゆく。そうした嘆願は「一流だと確定しているものをミキサーにぶち込んでガブ飲みさせる手法を生んだ」といい、続けてこう問いかける。

「すごいと確定している人から分かりやすい言葉を引き出すのではなく、すごいかどうかなんて関係ない、でも自分にはこの人が引っかかる、その人からオリジナルな言葉を引っ張り出すのが、ドキュメンタリーの視点であり始点ではないのか」

『情熱大陸」という番組のなかに流れている気恥ずかしさや予定調和感。衣服を一枚ずつめくっていくなかで最後に明らかになるのは「すごいからすごい」という同語反復の論理だ。「すごい」から取り上げるので、結局「すごかった」という結論しか出てこない。それ以上をめくろうとしても、見えるものは空洞のみ。まさに「裸の王様」。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

あなたにとって演じるとは? 『情熱大陸』のインタビューはなぜ気恥ずかしいのか!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。書評松岡瑛理武田砂鉄の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画