美人・イケメンとブサイクの収入に2700万円の差!?「美貌格差社会」の残酷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
biboukakusa_01_150404.jpg
『美貌格差 生まれつき不平等の経済学』(東洋経済新報社)

 きちんと揃えられたボブカット。整った顔を崩すことなく冷静に語る佇まい。そのクールビューティーなオーラで会見に臨んだ「大塚家具」の大塚久美子社長が画面に登場したとき、なんだか最初からこの結末はきまっていたんじゃないかと錯覚させられた。

 先月27日、お家騒動で揺れる大塚家具の株主総会が開かれた。当初は父である勝久会長との「勝負」は接戦と見られていた。だが結果的に久美子社長は61%の票を集め、勝久会長含め大塚家を除く一般投資家に限って言えば8割の支持を得る、という圧勝だった。

 乱暴な推察だが、この結果を招いたものは、冒頭に記した久美子社長の風貌に起因するかもしれない。失礼ながら戦後闇市世代を彷彿とさせる父と、銀行員出身で経営コンサルもこなした手腕に加えて凛とした存在感を放つ娘とは、これからの経営者として、株主や消費者がどちらに期待するかは明らかだったとも思える。美しさというのは理屈のない説得力を孕んでいる。

 そもそも、何よりこの騒動にこれだけメディアが食いついたのも、美に対するどうしようもない好奇心と視聴者の興味を当て込んだからであろう。同じ女性社長でも「APAホテル」ではこうはなるまい。

 同様に、STAP細胞発見で小保方晴子氏にあれだけメディアが注目し、その後激しい論争を生んだのも、その美貌ゆえに騒動が拡大した面も否めないだろう。女性ばかりではない。仮に小泉進次郎の風貌が山本一太だったら、ここまでの支持を得ただろうか。

 そんな人の「美」がもたらす理不尽な影響をアメリカの労働経済学者、ダニエル・S・ハマーメッシュはこのほど『美貌格差 生まれつき不平等の経済学』(東洋経済新報社)を著して論じた。何せタイトルからして「生まれつき不平等」と決め打ちだ。「残念な人」はもはや立つ瀬がない。氏は20年かけて、美貌と経済学の因果関係を研究。「美形のお得度を真面目に測った史上初の本」「見た目で生涯年収の差は2700万円?!」と惹き句は煽るのだが本当だろうか。

《見栄えのいい人の方が稼ぎがいい、誰もがそう思っている》
《美人プレミアムや醜人ペナルティが一般的にどれくらいの大きさか、かなりよくわかっている》 

 醜いことってペナルティなのか?と虚を突かれるが、その論拠はこうだ。70年代のアメリカの調査として、外見が平均より上の女性は平均の女性より8%収入が多く、平均より下の外見のご婦人は4%低かったという。同様に男性では平均以上はプラス4%、以下はマイナス13%の収入だったという。意外にも女性は美醜による格差が少ないのに対して、ブサイクな男は散々な目に遭っていることになる。そんな殺生な。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

美貌格差: 生まれつき不平等の経済学

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

美人・イケメンとブサイクの収入に2700万円の差!?「美貌格差社会」の残酷のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。イケメン格差相模弘希美人すぎる貧困の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画