小渕優子はなぜ立件されなかったのか? 特捜部の不自然な捜査、結論を知っていた官邸…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
obuchiyuko_01_140909.jpg
「小渕優子 オフィシャルブログ」より


 ある程度は予想していたが、まさかここまで何もないとは……。小渕優子・前経済産業大臣の不透明な政治資金処理を捜査していた東京地検特捜部が小渕氏本人の立件を見送り。金庫番の折田謙一郎・前群馬県中之条町長ら元秘書2名を政治資金規正法違反(虚偽記載)で在宅起訴することを発表した。検察の捜査に詳しいジャーナリストもこう驚く。

「いまの検察の体質を考えると、立件するのは折田氏ら秘書だけ、というのは想定内ですが、容疑が政治資金規正法の虚偽記載だけとは意外です。少なくとも公職選挙法で秘書を起訴して、連座制の適用で小渕氏を公職停止に追い込む可能性はあると見ていたのですが……」

 この事件はそもそも、小渕氏の後援会が行っていた支援者向けの「観劇会」で後援会が支払った支出が支援者から集めたとされる収入総額を大幅に上回っていたことが判明。小渕サイドが費用の一部を負担していた可能性が浮上し、公職選挙法違反の寄付行為、有権者の買収にあたるのではないか、と大きな問題になったものだ。

 また、その過程で、小渕氏が有権者に自分の顔写真をラベルにしたワインを贈っていた事実も浮上。小渕氏の事務所が疑惑を報道された直後にパソコンのハードディスクをドリルで破壊し、証拠隠滅を計っていたことも明らかになった。

 ところが、今回の特捜部の捜査では、いつのまにかこうした疑惑がすべてなかったことになってしまった。観劇会についても、政治資金収支報告書に記載できなかった簿外支出を帳消しにするため、観劇会の収入を少なく記載して「つじつま合わせ」しただけ、という小渕サイドの主張がそのまま認められたかたちになった。

 しかし、実際の政治資金収支報告書を見ると、観劇会については収入だけでなく、支出も少なく記載されており、単純に「簿外支出を帳消しにするためのつじつま合わせ」とは考えにくい。

 また、仮にこれが有権者への買収ではなくつじつま合わせだったとしても、問題はその政治資金収支報告書に記載されなかった簿外支出の中身だ。今回の発表の直前、小渕氏の資金管理団体「未来産業研究会」が後援会や関係政治団体に計8800万円の寄付を架空計上していた事実が判明しているが、こうした政治資金がウラ金としてばらまかれていた疑惑も浮上している。

 小渕氏と折田前町長を特捜部に告発した「市民オンブズマン群馬」の小川賢代表は、日刊ゲンダイの取材にこう指摘している。

「折田前町長は多額の政治資金をマネーロンダリングしてウラ金化し、差配する役割だったとみられていますからね。カネは小渕氏だけでなく、群馬県内の複数の議員に渡った疑いが持たれているのです」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

告発!政治とカネ 政党助成金20年、腐敗の深層

  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

小渕優子はなぜ立件されなかったのか? 特捜部の不自然な捜査、結論を知っていた官邸…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。政治家検察自民党野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が秘書官と今治市の面会を隠ぺい
2 安倍は加計の新学部を自ら発案していた
3 自衛隊日報隠ぺいに安倍と官邸も関与か
4 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
5 相模原事件から1年、事件の背景を問う
6 神社本庁の不動産取引と「皇室」疑惑
7 横浜市長選で問われる第二の家計問題
8 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
9 安倍首相が閉会中審査でも大ウソ!
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
12 ネトサポの親玉が愛人に告発された
13 青山繁晴が教祖化、伝説とアート
14 自民党ネトサポが「植松容疑者は正論」
15 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
16 秋元康がまた女性蔑視!町山も激怒
17 山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
18 ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
19 SMAP3人テレビ追い出し作戦の手口
20 安倍錯乱!国会お子さま答弁、嘘、差別語
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1自民党HIPHOPポスターに怒りの声
2安倍は加計の新学部を自ら発案していた
3室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
4横浜市長選で問われる第二の家計問題
5安倍首相が閉会中審査でも大ウソ!
6青山繁晴が教祖化、伝説とアート
7室井佑月と小林節が安倍改憲案を批判
8日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
9山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
10坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
11ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
12自衛隊日報隠ぺいに安倍と官邸も関与か
13松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
14安倍が秘書官と今治市の面会を隠ぺい
15稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
16『4時ですよーだ』Pが松本の変節批判
17安倍が「男たちの悪巧み」仲間を参与に
18松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
19安倍首相の体調悪化は本当なのか?
20菅官房長官が領収書公開隠蔽を指示
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」