亀梨和也「ジャニーズ(笑)」という風潮に物申す!サブカルとジャニーズの距離

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kamenashi_01_150205.jpg
「ジャニーズ主演プププ」を跳ね返せるか亀梨(映画『ジョーカー・ゲーム』公式サイトより)


 先週末に封切られた、KAT-TUNの亀梨和也主演『ジョーカー・ゲーム』。亀梨にとっては年末に『バンクーバーの朝日』が公開されたばかりで、映画出演がつづいているが、そんななか、亀梨があるインタビューで気になる発言を行っている。

「映画ファンの人からすると僕とかは“商業の人間”って見られてると思うんです。三木聡さんの作品に出たとき『三木さんもジャニーズにいっちゃうんだ』みたいな声も少なからず届いてるの俺、知ってたし!(笑)」(ぴあ「SODA」3月号)

 たしかに、『バンクーバーの朝日』は満島ひかりの夫で気鋭の若手監督・石井裕也がメガホンを取り、今回の『ジョーカー・ゲーム』も、コアな人気を集めた『SR サイタマノラッパー』の入江悠が監督を務めている。亀梨には、シネフィルからジャニーズだというだけで敬遠されたくない……という思いがあるのかもしれない。

 だが、そのような話題の監督とアイドル映画以外でジャニーズタレントが仕事できるようになったのは、ここ十数年のこと。映画ばかりか、テレビドラマや楽曲だって昔はたんなるアイドル枠でしかなく、「商業の人間」どころか、「ジャニーズだって、プププ」と露骨に嗤われてきた時代があったのだ。

 歴史を紐解くと、フォーリーブスから郷ひろみ、たのきんトリオと順調にアイドルを量産してきたジャニーズにとって、最大の旋風を巻き起こしたグループが光GENJIだ。光GENJIは80年代のアイドルブームにのって社会現象となったが、そんなブームもいつしか下火に。代わって、『三宅裕司のいかすバンド天国』(TBS系)に代表されるバンドブームが起こり、つづいてB'zやZARD、T-BOLAN、WANDSなどを輩出したレーベル・ビーイングがヒットチャートを席巻。このアイドル冬の時代にデビューしたのがSMAPだが、大人は無論、ターゲットである中高生にまで「いまどきアイドルなんてダサい」と嘲笑される対象となっていた。いまでもSMAPは売れなかった時代のことをよく振り返るが、あの時代にキラキラ・スケスケ衣装でスケートボードに乗るのは、苦行以外の何物でもなかったはずだ。

 しかし、この苦難の時代を変えたのも、ほかでもないSMAPだった。先日、「週刊文春」(文藝春秋)誌上でメリー喜多川副社長に壮大に公開説教されてしまったSMAPのチーフマネージャー・飯島三智氏こそ、SMAPをバラエティ路線に進出させSMAPの一般認知度を上げたことは過去の記事でも触れたが、SMAPにとってもうひとつ大きな分岐点になったのは、1993年に発表したシングル「$10」だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

亀梨和也「ジャニーズ(笑)」という風潮に物申す!サブカルとジャニーズの距離のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。KAT-TUNサニーうどんジャニーズ亀梨和也の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃