絶対行けない!? モサド本部、エリア51、伊勢神宮…禁断のガイドブックが話題!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hikoukaikuiki_150116.jpg
『絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで』(ダニエル・スミス/小野智子・片山美佳子・訳/日経ナショナルジオグラフィック社)

 絶対に見てはいけないと言われれば、逆にどうしても見たくなる……。昔話や神話にもよくあるパターンだが、いつの時代も人間は隠されたものにこそ心惹かれるようだ。コンビニ本でもタイトルに「タブー」と付ければ売れ行きが良くなる、とは出版関係者から聞いたことがある。

 最近、日本で翻訳・刊行された『絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで』(ダニエル・スミス/小野智子・片山美佳子・訳/日経ナショナルジオグラフィック社)が売れているのも、そんな好奇心に支えられてのことだろう。その目次に目を通しただけでも、魅惑的なスポットが並んでいる。

 「ペンタゴン」「グアンタナモ湾収容所」など、場所は周知されていても絶対に取材できなさそうな軍事施設。人体の腐敗・分解研究のため遺体を野ざらしにする「法医人類学研究施設」といった驚きの研究所。毒蛇ばかりが棲む「ヘビ島」のような危険な現場などなど。さらには「HAARP研究施設」「ヒトラーの地下壕」「モサド本部」といった陰謀論好き垂涎の場所や、「エリア51」「バチカン機密文書館」「アララト山上の奇妙な物体(※ノアの方舟のこと)」などのオカルトスポットまで。

 まさにタブーというカテゴライズにふさわしい各エリアを広く紹介。「世界」と銘打ちながら英語圏である英・米・豪が半分強を占めているが、日本で認知度の低いスポットを多数知ることが出来るのも嬉しい限り。

 しかし逆に言えば、アジア圏などその地域が少しゾンザイなのは気になる。ミャンマーの首都「ネピドー」や「秦の始皇帝陵」などは観光客でも気軽に訪問できるところ。「スヴァールビル世界種子貯蔵庫」(世界的災害が起きても農作物を確保できるよう、様々な種子を保管した倉庫)も、ノルウェー離島というアクセス困難さはともかく、見学は可能なはずだ。数を揃えるためには仕方ないが、「絶対に行けない非公開区域」とは言い過ぎであるような場所が散見されるのは否めない。

 また、日本の非公開区域として扱われているのが「伊勢神宮」というのも、ちょっとコジツケ感があって残念かも。ここでは、内院など皇族専用の最奥部分を指しているようだが
「参拝者は、手水で手と口を清め、大きな門の前参拝することができるが、それ以上先には進めない」

 といった記述は明らかな誇張。特別参拝を申し込めば、一人千円程で玉垣内部に入ることが出来るからだ(筆者も参拝経験あり)。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

絶対行けない!? モサド本部、エリア51、伊勢神宮…禁断のガイドブックが話題!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブー伊勢神宮吉田悠軌福島原発の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画