質問を鼻で笑う前田敦子、陰謀論に喜ぶ平子理沙…吉田豪がインタビュー裏話を大公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yoshidago_150116.jpg
『聞き出す力』(日本文芸社)

 日本初(?)のプロインタビュアーとして、雑誌やラジオ、最近ではテレビでも人気の吉田豪。入念な下調べによって数々の著名人たちの意外な素顔や驚愕の発言を引き出す仕事ぶりで、「(噂は)吉田豪が裏をとる」(©大森靖子)とまで言われるほど。

 そんな吉田豪が、昨年末、ついに初のインタビューの心得をまとめた『聞き出す力』(日本文芸社)を上梓した。阿川佐和子のミリオンセラー新書『聞く力』(文藝春秋)に丸乗りした商売っ気が露骨すぎるタイトルだが、しかし中身は期待を裏切らない、インタビュー術とともにタレントの裏話が満載のお得な一冊だ。

 プロインタビュアーとして名を馳せたがために、取材前から樹木希林に「あなたは本人よりもその人に詳しいそうだから楽しみにしてます。私が知らない話が出てくるのを」と言われたり、インタビュー開始1時間を経て「私の知らない話がまだ出てこないんだけど?」とプレッシャーをかけられたりしたという苦労話は有名だが、これは相手が相手なだけに、ふつうは吉田の追及に戦々恐々とする人も多いはずだ。たとえば、触れられたくない話題をぶっ込まれて記事のカットを懇願したのは、あの江頭2:50。

 吉田が江頭への取材でツッコもうと考えたのは〈江頭さんがああ見えてスタイルもいいし私服のセンスもいいしで実はモテるらしいという疑惑〉。そこでインサイダー情報を元に、とあるグラビアアイドルと付き合っていた過去について探りを入れるのだが、江頭は「え? え?」と狼狽。吉田の発言を遮って一方的に吉田を持ち上げはじめたという。そして、「なんでこんな話をするかわかりますか?……さっきの話は載せないでほしいんですよ!」と直訴したらしい。被災地への物資運搬話と同様に〈実は美女にモテるというエピソードは芸人として人を笑わせる上でマイナスだと判断したわけなのだろう〉と吉田は推測するが、こうして江頭は実際モテるということが明らかになってしまったわけだ。

 褒め殺しでその場を凌ごうとした江頭はじつに微笑ましいが、問題はインタビュー相手を怒らせてしまうこと。だが、吉田は〈相手から怒られるくらいのことを聞く覚悟が必要〉というだけあり、相手が誰であろうと果敢に切り込む。その最たる例が、業界内で「インタビュアー泣かせ」の異名をもち、〈どんなに仲のいい相手との対談でも三十分で飽きるとの伝説〉まである元AKB48・前田敦子だ。新曲プロモーションの取材の席で、関係者から何度も「もっと新曲の話をして下さい!」と怒られつつもアイドルビジネスの話を振りつづけ、さらに「アイドルをやるのって大変じゃないのか」と問うたのだ。

 が、当の前田は「いや、アイドルになることが一番楽だと思います。(中略)アイドル自体は誰でもなれるし簡単だと思います」と、達観しすぎる返答。その上、前田が絶頂期に見せた不安定さを心配して秋元康にメンタルケアの必要性を迫った人物の話をしても、〈「えーっ? 秋元さんにそんなこと言ったんですか? 変わってますねー(笑)」と鼻で笑う始末〉だったらしい。ちなみにこの取材時、前田が「ちゃんと読んだ本はあれが初めてで、あれ以来読んでないです」と言ったのは、水道橋博士の『藝人春秋』(文藝春秋)。サインまでもらった町山智浩の本は「あれ、読んではいないんです」と答えるなど、そのマイペースぶりには吉田も、
〈空気を読みすぎるぐらい読む指原莉乃と、全く読まない前田敦子。その両極端などちらも秋元康が面白がる気持ちはわかるけど、インタビューする上では圧倒的に指原がやりやすかったのは事実。結論。前田、最強!〉
 とまとめている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

聞き出す力

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

質問を鼻で笑う前田敦子、陰謀論に喜ぶ平子理沙…吉田豪がインタビュー裏話を大公開のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。インタビューサニーうどん裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ナチス礼賛、高須院長がまた訴訟恫喝!
2 ローラが所属プロに奴隷契約の終了を
3 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
4 高校生平和大使の演説中止と安倍政権
5 加計学園獣医学部施設の設計図疑惑
6 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
7 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
8 吉永小百合が「9条は変えさせない」
9 松本人志追及に井上公造が「圧力ない」
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 日本の外務省が文大統領と同様の発言
12 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
13 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
14 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
15 ネトサポの親玉が愛人に告発された
16 トランプ差別発言に有本香と玉川徹が
17 ローラが所属プロと奴隷契約トラブルも
18 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
19 中居ジャニーズ残留とキスマイ
20 田中ともえが安保法制で夫婦喧嘩
1ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
2 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
3長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
4菅官房長官が壊れ始めた!トンデモ会見
5久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
6綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
7テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
8高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
9市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
10三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
11長崎のメッセージも安倍には届かず!
12グアム北ミサイルは存立危機事態でない
13トランプ的どっちもどっち論横行の日本
14寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
15手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
16幹部から新人までほとんどが商売右翼
17極右丸出し”日本ファースト”は小池命名
18安倍の「人づくり」名称のルーツは?
19加計学園獣医学部施設の設計図疑惑
20岸田『ひるおび!』出演にネトウヨが
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」