年末特別企画 リテラの2014年振り返り

トンデモぶりに背筋も凍る!? 冬の「ヘイト&嫌韓本」ワースト5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kenkanwinter_01_141227.jpg
左『説教ストロガノフ 「日本の敵」を叩きのめす!』(PHP研究所) 中『テキサス親父の熱血講座 日本は世界一だ!宣言』(扶桑社) 右『ここがヘンだよ「反日」韓国』(イースト・プレス)


 いまだに書店で平積みの嫌韓本。その内容はもちろん差別、決めつけ、妄想、陰謀論が蔓延するヘイトスピーチ並みのトンデモばかりだ。リテラでは今夏に、2014年前半に出版された嫌韓本の中からトンデモ発言ランキングを紹介し、大きな反響を呼んだ。そこで、今回は、2014年後半に出版された本・雑誌・SNSなどから、嫌韓本トンデモ発言ワースト5を紹介しよう。寒さ厳しい折に、さらに背筋を凍りつかせるような差別発言の数々。ぜひ暖をとりながら読んでいただきたい。

★第5位 倉山満「家出した不良のコギャルと同じですよ。『居候させて』といって徹底的に値をつり上げてくる」
「Voice」(PHP研究所)9月号「説教ストロガノフ第2回 朝鮮戦争は終わっていない」

■コミンテルン陰謀論の次は女性差別? 嫌韓中年の童貞的妄想が止まらない■

 最近、なぜかPHPが保守系コミンテルン史観でおなじみの憲政史研究者・倉山満を重宝している。保守系月刊オピニオン誌「Voice」で経済評論家・勝間和代のブレーンで、浜田宏一イェール大学名誉教授の広報官的役回りの上念司とともに対談連載を持っているのだ。タイトルの「説教ストロガノフ」という題名は、嫌韓系有力オピニオン誌「WiLL」(ワック)の名物連載対談「蒟蒻問答」にならったもので、5時間考えたものだそうだ。もっとも内容は「蒟蒻問答」よりももっとひどく、事実上、保守系コミンテルン史観的な「妄想」の垂れ流しに終始している。
 冒頭の発言は「Voice」(PHP研究所)9月号「断末魔の朝鮮半島」という特集の巻頭対談のはずなのだが。たとえば、
〈倉山「韓国もすでに北朝鮮に乗っ取られていますね。北のスパイが約一二万人、韓国内に入り込んでいると聞きますから」
 上念「そんなに大勢いるの!」〉
 と憶測発言連発なのだ。なお、この二人は中央大学辞達学会の先輩・後輩コンビなのだそう。後輩の倉山に先輩の上念がツッコミをいれるという体らしい。
 ちなみに冒頭の発言は、北朝鮮の本音という文脈で飛び出したもの。“実は北朝鮮は日本とアメリカが頼みで日米同盟に入りたいのだ”などと妄想がとまらない倉山は、当面、北朝鮮は日本から援助をむしり取れるようにしたいと考えるだろう、という。
 では、日本側はどうすべきか。その交渉の例として持ち出したのが、コギャルの援助交際。日本側は「いっそ『日米同盟に入らない?』と軽くナンパしてみる交渉姿勢が望ましい」というのだ。今時、「コギャル」というのもびっくりだが、この後に、こんな記述が……。
〈上念「いまの発言はさすがに看過できないな。援助交際を助長するなんて」
 倉山「え?誰が助長しているんですか!いまの発言のどこが?」
 【※中断、しばらくお待ちください】
 上念「なんだ、そういうことか(笑)」
 倉山「人の話、聞いていませんね」〉
 なんだ、この意味不明な馴れ合い。ちなみに、この対談をまとめた単行本『説教ストロガノフ 「日本の敵」を叩きのめす!』(PHP研究所)ではこのくだりがカットされているが、ここから見えてくるのは、北朝鮮がどうのこうの以前に、女性への差別意識だ。だいたい国家間の交渉を援助交際にたとえるなんて、ステロタイプな女性観しかないネトウヨ中年の童貞的妄想といわれてもしようがないだろう。
 なお、「Voice」は14年7月号でも「断末魔の韓国経済」と“「断末魔韓国」キャンペーン”をはっているが、断末魔をあげているのは壊滅的な部数を“遅れてきた嫌韓”でどうにかしようとしている「Voice」編集部のほうである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

NOヘイト! 出版の製造者責任を考える

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

トンデモぶりに背筋も凍る!? 冬の「ヘイト&嫌韓本」ワースト5のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。エンジョウトオルランキング嫌韓振り返りの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
12 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画