今さらAKBファン宣言!? 枝野幹事長のずれっぷりに民主党の未来を見た(涙)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
141126_edano.jpg
「枝野幸男オフィシャルサイト」より


「私はアイドルファンだ」──。総選挙を前に突然、民主党の幹事長である枝野幸男がこんな主張をはじめた。

 朝日新聞によれば、枝野は“山口百恵が神”と語りアイドルファン宣言を行っただけでなく、AKB48の19thシングル「チャンスの順番」を「民主党ソング」とまで公言。なんでも歌詞にある〈チャンスの順番 次は君に来る どんなに負けてても 今度は勝ちに行こう〉というフレーズが「民主党の現状に重なる」と感じているらしい。

 この唐突でとんちんかんな宣言に、ネット上では「百恵とAKBって、どれだけニワカなんだか」「民主党はアイドルヲタの票を狙っているのか」「ヲタを見くびるな」と厳しい意見が飛び交う事態に。朝日の記事で枝野は「非正規雇用の拡大で若い皆さんの生活が破壊され、将来への希望がもてない。深刻な問題で、我々の姿勢を訴えていきたい」とも語っており、若い世代を意識した発言でもあったようだ。

 しかし、この発言で露呈してしまったのは、民主党の“現状認識”のズレっぷりだろう。AKBといえば、いまや安倍首相の“お抱えグループ”と化しているのはご存じの通り。昨年開かれたASEANの夕食会で、AKBが各国の首脳や大使の前で「恋するフォーチュンクッキー」を披露した際には、「まるで喜び組」「頼むから恥をさらすな」とバッシングを受けたことも記憶に新しいが、それほどに安倍首相とAKBプロデューサーの秋元康はべったりの関係。秋元は自宅に安倍首相を招いて食事会を行うだけでなく、本サイトでも報じたように安倍首相が率先する“愛国化”を、秋元はビジネスとして利用している状態だ。こうした誰の目にも明かな密接な関係を知らないわけはないと思うが、枝野はいまさらAKBの歌を民主党ソングなどと言ってしまったわけだ。

 というか、オルタナティブな存在として、でんぱ組.incやBABYMETALとまではいわないが、せめてももクロぐらい言えなかったのか。この一周遅れ感、政策で自民党との明確な違いを打ち出せないでいる民主党の現状を、ある意味象徴しているような……。

 だが、認識不足という意味では、もうひとつツッコミどころがある。それは、この「チャンスの順番」が、ちっとも歌詞通りの“チャンスをつかむ”歌になっていないことである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Witchenkare(ウィッチンケア)第5号

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

今さらAKBファン宣言!? 枝野幹事長のずれっぷりに民主党の未来を見た(涙) のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48サニーうどん民主党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも