宮崎駿版『長くつ下のピッピ』がお蔵入り!?  途中まで作ったのに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
pippi_01_141112.jpg
『幻の「長くつ下のピッピ」』(岩波書店)

「鉛筆と紙とフィルムの最後の時代に立ち会えたことは幸せだった」

 アニメーション監督の宮崎駿が、アメリカ・アカデミー賞名誉賞を受賞した。この賞に輝いた1990年の黒澤明以来、2人目の快挙。「映画界への長年の貢献」が認められた格好だが、当の宮崎は会見で、「賞では何も変わらない。終わった仕事について結果をいちばんよく知っているのは自分だ」と、権威におもねらない宮崎らしい感想を述べている。

 そんな宮崎に、じつはアニメ化に向けて動きながらも、泣く泣く断念してしまった作品があるという。それは、世界に知られる児童文学の定番『長くつ下のピッピ』だ。

 先日、発売された『幻の「長くつ下のピッピ」』(岩波書店)によれば、『長くつ下のピッピ』(以下、『ピッピ』)のアニメ化にかかわっていたのは、宮崎のほか、宮崎の先輩であり長年のライバルでもある高畑勲、そして戦後の日本アニメ文化を支えてきたキャラクターデザイナーである小田部羊一の3人。当時、彼らは『ピッピ』を、所属していた東映動画を辞めて事務所を移ってでもつくりたい、と切望したのだという。

『長くつ下のピッピ』は、1945年にスウェーデンで刊行された、アストリッド・リンドグレーンによる童話。日本でも、岩波書店から『長くつ下のピッピ』『ピッピ船に乗る』『ピッピ南の島へ』という3部作で刊行されており、子どもたちを魅了してきた。主人公のピッピといえば、赤毛のツインテールにそばかすだらけの顔、そして、そのタイトル通り、長い靴下を穿いているのが特徴の女の子。彼女は、サルのニルソン氏を連れて1人暮らしをしており、隣の家に住むアンニカやトミーといった友人たちと一緒に冒険物語を繰り広げる。トランクいっぱいの金貨を持っていて、馬を持ち上げるほどの力もあるピッピは、子どもたちの願いや憧れが詰まった存在だった。

 そんな『ピッピ』をアニメ化しようという話は、1971年に持ち上がる。東京ムービーの当時の社長・藤岡豊の企画で、スタッフとして白羽の矢が立った高畑が、宮崎と小田部を説得し、3人で東京ムービーのメインスタッフ会社・Aプロダクションに移って制作に取り掛かった。制作時間も限られていたため、3人でとことん議論し合うということはなかったが、それでも3人が作品をつくる上で共通認識として決めていたことがあったという。それは、靴を脱いだりはいたりといった日常の些末な動作や立ち居振る舞い、家事の表現といったことにこだわる、ということだ。

「行動自体が楽しさや面白さをよびおこすように表現」したい。──そのため、ピッピの歩き方ひとつをとっても、「だぶだぶの大きな靴を履いているから、片っぽは脱げそうに歩いたらどうか」「ピッピのことだから、まともに歩かないで、わざと歩道と車道の境目を歩くんじゃないか」と3人は思いを巡らせた。実際、本書にはアニメオリジナルとして構想が練られていた「ジュース屋をひらく」という話の、樽にぶどうを入れ、デッキブラシの柄でぶどうの汁が飛ぶのもかまわずに潰すピッピと、笑いながらその汁をよけつつ手伝うトミーとアンニカのイメージボードを収録。ほかにも、湖へ行ってザリガニ密漁者を見つけたり、郵便機が木の上に不時着して大騒ぎをしたり、ピッピの住むゴタゴタ荘で地下室を見つけたりといった、何気ない日常の中で起こる事件や出来事にスポットを当てたものが描き溜められていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

幻の「長くつ下のピッピ」

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

宮崎駿版『長くつ下のピッピ』がお蔵入り!?  途中まで作ったのに!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スタジオジブリ宮崎駿島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
2 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
3 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
4 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
5 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
6 稲垣、草なぎ、香取と日本財団の関係
7 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
8 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
9 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
10 今年も紅白はジャニーズが私物化
11 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
12 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
13 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
14 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15 宮崎駿がラジオで安倍と百田を批判!
16 仲間由紀恵を公安がマーク!?
17 『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が
18 加計学園で設置審委員が内情暴露!
19 義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
2加計が留学生募集!四国の獣医不足は?
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
5トランプ来日の目的は武器売りつけ
6直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
7日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
8テレビが封印した安倍とトランプの映像
9義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
10萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
11欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
12安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
13鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
14マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
17山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
18「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
19安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
20JASRACが坂本龍一を騙しうち!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」