きゃりーぱみゅぱみゅ二股騒動 肉食・手越は草食・深瀬になぜ負けた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kyary_01_141031.jpg
きゃりーぱみゅぱみゅ三枚目のアルバム『ピカピカふぁんたじん』(ワーナーミュージック・ジャパン)

 10月10日発売の「フライデー」(講談社)に、NEWS手越祐也との密会が報じられた、きゃりーぱみゅぱみゅ。もともと人気ロックバンド「SEKAI NO OWARI」のボーカル・深瀬慧との交際がウワサされていただけに、きゃりー・深瀬・手越ファンは騒然とした。

 実は今年2月、手越ファンがtwitterで「手越祐也に手出すんじゃねえ!」と強い口調できゃりーに詰め寄り、「え、全く出してないけど、、、」ときゃりーが困惑しながら返答したことが話題を集めた。その後、8月には深瀬がtwitterにおいて、ファンからの質問に答える形できゃりーとの交際を認め、2人の愛を応援するファンを安堵させていただけに、手越との密会が発覚したきゃりーにはネット上で「二股」と厳しい意見が飛んでいる。

 二股騒動のそもそもの発端は、きゃりーに興味を持った手越の猛烈なモーション。言い寄られるうちにきゃりーの心が揺れ、密会が続くことになったと「フライデー」は報じている。まさに肉食系男子といった手越だが、本人も雑誌のインタビューで「かわなぬ恋」について聞かれたときに、こんな強気な言葉を返している。

「オレはあきらめるって選択はしないな。すでに結婚してるか、大切な友だちの彼女だった…以外は“かなわぬ”をかなえるために、どんどん行く! 彼氏がいたとしても奪いたい(笑)。ちゃんとアプローチしてみて、どっちを選ぶのかは彼女に決めてもらう」(「duet」10月号、ホーム社)

 これを地で行く格好になったのだろうが、これほど熱烈なアプローチをかけられたらきゃりーとしても悪い気はしなかっただろう。「草食系男子の深瀬が物足りず、肉食系の手越になびいてしまったのでは」との見方も流れた。しかし、密会報道後の10月15日、きゃりーは深瀬や「SEKAI NO OWARI」のキーボード・藤崎彩織とともに、病に倒れた深瀬の父親を見舞っていること、21日には深瀬がファンからの「きゃりーを守って」というツイートに「まかせろ!!」と答えていることから、きゃりーの本命はやはり深瀬で、順調に交際が続いているという見方が強まっている。押せ押せムードだった肉食系・手越が、一見草食系に見える深瀬に負けた敗因はなんだろうか?

『最後の恋は草食系男子が持ってくる』(森岡正博/マガジンハウス)によると、草食系男子との恋愛は、対等な人間らしい付き合いができることが最大の特長。彼らは「次から次への女性に声をかけたり、たくさんの女性とセックスしたいという情熱を、ほとんど持っていません。そのかわりに、好きな女性とともにいる幸せな状況が、ずっと続いていってほしいと願っています」ということで、長く付き合いの相手としては草食系男子のほうが向いているようだ。

 深瀬の父親を見舞っていることを考えると、きゃりーも男性との長い付き合いを見据えていたはず。であれば、肉食系でこれまでさんざん夜遊び報道が流れる手越よりは、深瀬の方が安心して付き合える相手なのかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

最後の恋は草食系男子が持ってくる

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

きゃりーぱみゅぱみゅ二股騒動 肉食・手越は草食・深瀬になぜ負けた?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。きゃりーぱみゅぱみゅジャニーズ江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2 美智子皇后がトランプとの面会に難色
3 マツコがLGBT発言を封印した理由
4 レコ大責任者がバーニング周防社長を告発
5 美智子皇后が事実婚パートナーに神対応
6 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
7 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
8 安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
9 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
10 たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
11 欅坂・平手が「今年はひどいことばかり」
12 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
13 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
14 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
15 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
16 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
17 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
18 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
19 安室奈美恵ベスト盤にも奴隷契約の影が
20 「不倫学」が教える防止策とは?
1安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
5義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
7安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
8安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
9欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
10 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
11鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
12内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
13マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
14安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
17美智子皇后がトランプとの面会に難色
18「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
19日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
20JASRACが坂本龍一を騙しうち!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」