鎖国を止めたのはビール飲みたかったから!? マッサンもびっくりの酒トリビア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
massan_141027.jpg
『マッサン』効果でお酒人気も上昇!?(画像はNHK連続テレビ小説『マッサン』NHKオンラインより)


 9月からはじまったNHK連続テレビ小説『マッサン』が好調だ。ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝をモデルに、スコットランド出身の妻と手を取り合って、北海道余市で“日本のウイスキー”造りに挑戦するストーリー。この『マッサン』効果なのか、ウイスキーの売上も伸びているのだとか。酒の消費量が減少し、このところ元気のなかった酒業界で、久々に明るい話題として期待が寄せられている。「若者の酒離れ」などが叫ばれる昨今だが、まだまだ人の生活に酒は欠かせないツールだ。

 それもそのはず、歴史のそばにはいつも“酒”があった。酒にまつわる知られざる歴史トリビアも無数にある。たとえばヨーロッパでワインを中心とした歴史をひもとくと、中東からブドウの木を運び、ヨーロッパにワイン文化を広めたのは十字軍だったと言われている。日本なら無論、日本酒だろう。我が国の歴史と深く関わる日本酒のアレコレを紹介した『日本史がおもしろくなる日本酒の話』(上杉孝久/サンマーク文庫)から、酒好きも歴史好きも夢中になる、日本酒トリビアを学んでみよう。

 まずは日本酒のルーツをひもとこう。じつは最古の日本酒は、なんと「口の中で造られた」のだという。「口嚙み酒」というその製造法は、米を噛んで口の中で粥状にしたものに野生酵母をつけて発酵させ、酒にしたという。縄文時代の後期には稲作文化が始まっていたと本書にはあるので、じつに約4500年前には酒の文化がスタートしていたことになる。余談ではあるがこの口嚙み酒、神事の際に巫女が造っていたらしい……一部の人には大ウケしそうである。先日、メルシャンが開催した「日本ワイン」のイベントがニュースで報じられ、うら若き女性が裸足でワインを踏む様子にネット住民が歓喜したようだが、この口嚼み酒も、同様の反応が出てきそうだ。当時の人々がそこに興奮をもよおしていたかは定かではないが。

 現在の日本酒の原型に近いものは、渡来人が麹で発酵させる酒造りの方法を伝えたことでできた「天甜酒(あまのたむさけ)」だと本書にはある。この造り方は、麹を加えてから、天然の酵母を取り入れてアルコール発酵させる二段仕込みの醸し方。野生の酵母を使っておいしいお酒を醸すのは至難の業と筆者は語っている。しかし、うまく発酵させることができれば、大変に農醇で酸味の強いお酒になるという。これは是非とも飲んでみたい!と思った方は「生酛造り」「山廃」といった名がつく日本酒を探してみよう。それらは蔵に住み着く野生の酵母を使った酒で、いわば現代の天甜酒。運良く出会えたなら、悠久の時の流れを味わえるかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

(文庫)日本史がおもしろくなる日本酒の話 (サンマーク文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

鎖国を止めたのはビール飲みたかったから!? マッサンもびっくりの酒トリビアのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新橋青子朝ドラ食品の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画