>  >  > ヤマダ電機ブラック批判がタブーに!?

ブラック企業大賞「ヤマダ電機」問題がマスコミで報道されない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yamada_141013.jpg
ブラック企業大賞HPより


 9月に発表された「ブラック企業大賞2014」。長時間労働やパワハラなどで悪質だとされる企業を選出する「ブラック企業大賞」を今年受賞したのは、家電量販店業界の最大手・ヤマダ電機だった。ヤマダ電機といえば、2000年代に急成長(1996年には家電量販店業界9位だったが02年には1位に上り詰めた)、売上高1兆8900億円を超える家電量販店業界ナンバー1。今回の受賞理由は、このヤマダ電機で自殺者が続出しているためだ。

・04年9月、神奈川県内の店舗に勤務していた当時29歳の契約社員の男性が、勤務時間中に職場の近くで首吊り自殺。
・07年9月、新潟県柏崎市の店舗に勤務する当時23歳の男性社員(Aさん)が、過労の末に社宅で首を吊り自殺。Aさんは23歳で正社員未経験ながら売り場の『フロア長』になるよう命じられ、いきなり『管理職』として扱われた。労働基準監督署は、関係者の証言や警備記録などからAさんが自殺する直前1カ月間で少なくとも106時間21分の残業をしていたと結論。特に亡くなる前の1週間の時間外労働は47時間30分と極度に多いことを認め、労災認定をした。
・13年7月、営業不振に苦しむ福島県田村市の店長(当時39歳)が練炭自殺。

 他にも「週刊文春」(文藝春秋)13年12月19日号が報道したヤマダ電機の内部資料によると、13年9月7日以降の4週間で、残業時間が40時間を超えた従業員は全国607店舗で1819人。さらに46人の店長が、厚生労働省の定めた『過労死の危険ライン』の月80時間を超えていた。つまり毎日4時間の残業を余儀なくされている。にもかかわらず、店長の給料は平均して手取り月40万円程度。残業代もほぼ支払われていないという。

 無理な出店計画と過重労働……急成長の犠牲になったかのように社員の自殺が後を絶たないヤマダ電機。しかも、13年のケースでは、ヤマダ電機は遺族側の主張に真っ向から反論し、訴訟に発展しているという。

 「ブラック企業大賞2014」実行委員会の水島宏明・法政大学教授は、「ヤマダ電機はウェブ投票でも最多の票数を集めた。過労自殺を繰り返しているという点や、反省の色が見られないことなどを勘案して、総合的に選んだ」と説明している。

 しかし、気になるのは、今回の「ブラック企業大賞」は昨年のワタミフードサービス(居酒屋チェーン大手)と比べて、報道が少ない点だ。エステサロン大手「たかの友梨ビューティクリニック」を運営する不二ビューティのブラックぶりを批判するニュースは見かけるが、ヤマダ電機のブラックぶりを告発するニュースにはなかなかお目にかからない。「ブラック企業大賞」主催者であるブラック企業大賞実行委員会の実行委員(佐々木亮弁護士)は、講評でこうコメントしている。

「ヤマダ電機という会社は、ワタミやゼンショーに比べるとメディアで取り上げられていない。ところがウェブ投票では、票の伸びが違ったし、あわせて社員からも悲痛な叫びが寄せられた」

この記事に関する本・雑誌

非情な社長が「儲ける」会社をつくる 日本的経営は死んだ!

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 生前退位有識者会議メンバーが経歴詐称
2 安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
3 ノーベル賞科学者が安倍戦争政策にNO
4 安倍の所信表明「起立して拍手」の裏
5 奈良県のロゴデザイン料はやっぱり高い
6 安保法も…官邸の犬と化した内閣法制局
7 高江でヘリパッド反対派排除に巨額税金
8 炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
9 医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
10 慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
11 芸能界のドンが初めてインタビューに
12 文春が東京五輪を!電通元専務に金
13 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
14 キムタク最大のタブーとは?
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 湊かなえに続き筒井康隆も押切もえ揶揄
17 マツコが小池百合子にNG発言の理由
18 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
19 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
20 南京大虐殺世界遺産に安倍ヒステリー
PR
PR
1盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
2慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
3辺野古判決の裏に裁判所の露骨人事!
4『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
5医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
6TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
7安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
8安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
9安倍の所信表明「起立して拍手」の裏
10稲田朋美、南スーダン視察中止の無責任
11稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
12炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
13 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
14安保法も…官邸の犬と化した内閣法制局
15福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
16現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
17新潮が天皇の生前退位を“暴走”と攻撃
18「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
19もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
20奴隷労働を強いられるベトナム人留学生
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」