森、中曽根、菅…政治猫・まーごが嫌った政治家は誰だ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mago_141013.jpg
『テレビねこ まーごのお仕事』(宝島社)

「昨日夜9時、視聴者のみなさまをはじめゲストの方々に愛されてきました、番組の仲間のまーごが亡くなりました。8歳と7か月、突然の死でした」

 先週末、まさかの訃報にネット上が騒然となった。あの「まーご」が、亡くなったのだ。

 まーごというのは、テレビ東京系で毎週土曜の午前11時30分から放送されている『田勢康弘の週刊ニュース新書』の看板猫。政治ジャーナリストで元・日経新聞記者である田勢がホストとなり政治家をはじめとするゲストを招いてトークを繰り広げる“お堅い”番組なのだが、なぜかスタジオを猫が自由に歩き回っていることでも有名で、ネット上では「猫を愛でる番組」として親しまれてきた。そんな人気猫が突然死したことが、11日放送の番組内で公表されたのである。

 番組が急遽設けた追悼コーナーでは、番組の進行役である繁田美貴アナウンサーが声を震わせながら「撫でたらいまにもゴロゴロと喉を鳴らしてくれそうな、そんな表情で眠っていました」と、まーごとの最期の対面をしたことを報告。花束と猫じゃらしのおもちゃに囲まれたまーごの亡骸が映し出されると、 視聴者の「寝ているんだよね? そうだよね?」「信じられない…」と悲しみのコメントがネット上にあふれた。

 そもそも田勢がこの番組を引き受けたのは、猫を出すことが条件だったらしい。そこで白羽の矢が立ったのが、動物プロダクション所属の猫・まーごだった。じつはまーご、SHARPのCMに出演し、人気を博した雄猫・ミーヤの孫。タレント猫としてはサラブレッドだったわけだが、2009年には『テレビねこ まーごのお仕事』(宝島社)という写真集まで発売されるほどに。しかし、その人気はたんにかわいいだけではなく、番組におけるゲスト政治家とまーごの“絶妙の絡み”にもあった。

 たとえば、先月9月27日の放送回では、ゲストである森喜朗元首相が2020年のオリンピックについても熱く語っているにもかかわらず、目の前で爆睡姿を披露。森が田勢から五輪音頭をつくるのかと問われ(わざわざ質問するような話なのかというツッコミはさておき)、「そういう声もありますし、いずれそうなっていくでしょう」とうれしそうに返答するも、視聴者のシラケを体現するかのようにまーごは無反応。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

テレビねこ まーごのお仕事

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

森、中曽根、菅…政治猫・まーごが嫌った政治家は誰だ!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどん政治家の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
15 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
16 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 財務次官セクハラが海外メディアでも
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした