>  >  > 蛭子さん「集団的自衛権が怖い」発言

あの蛭子さんが「安倍首相の右翼的な動きが怖ろしい」と発言する理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ebisu_01_141003.jpg
『ひとりぼっちを笑うな』 (角川oneテーマ21)

 蛭子能収が絶好調だ。太川陽介と目的地までひたすらバスを乗り継ぐという変わり種の旅番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)がきっかけとなり、本人曰く「過去に経験がないくらい」仕事のオファーが殺到しているらしい。

 飄々として、何を考えているのかよくわからない。空気を読まない発言を連発して周囲を慌てさせる。それでいてなぜか憎めない。そんな蛭子さんが“生き方本”を出したというので、いったいどんなことを書いているのか、気になって、その本『ひとりぼっちを笑うな』(蛭子能収/角川oneテーマ21)を手に取ってみた。すると、そこには想像以上にまっとうな蛭子さんの“哲学”が綴られていた。

 蛭子さんはまず、東日本大震災における“絆”について疑問を口にする。

「正直なところ、僕にはちょっとそれがよくわからなかったんですよね」

 もちろんあの震災は二度と起こって欲しくないし、被災者への思いを蛭子さんだって持っている。しかし“絆”や“がんばろう”という言葉を強調することに蛭子さんは違和感を覚えているのだ。

「あくまでも人は自由だから、絆の外にいる人、がんばらない人がいてもいいし、それを(略)説教や強要をするのは好ましくない」

 おっしゃる通り! しかし多くの人はそんな“本音”を言いたくても言えない。だってそんなことを言えば非国民だとか人間の心がないと非難されることは容易に想像できるからだ。

「いまの日本には、そういった無言の圧力みたいなものが存在しているように感じるんです。とはいえ、それもその人たち次第だと思うんですよね。だって、その人自身は不謹慎なことを言ってるつもりはないんじゃないですか?」

 だから蛭子さん本人も決して不謹慎なことを言っているつもりはない。その根底にあるのは「自由」だ。誰かに束縛されたり、自由を脅かされることが何よりも大嫌いだという蛭子さんは、だから“群れ”は危険だと思っている。本音を言えないのは、グループに所属しているからで、そこから「無言の圧力」を受けるからだ。

この記事に関する本・雑誌

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 いとう、アジカン後藤の”音楽と政治”論
2 ポストが有吉母に結婚、妊娠を直撃
3 たけしが道徳教育を徹底批判
4 キムタク最大のタブーとは?
5 高畑と同根?千原がキム兄と女性暴行
6 梅沢富美男が高畑事件で女性蔑視発言
7 不祥事の背後に警察のパワハラ体質!
8 SMAP解散報道のタブーにミタパンが
9 夏目の事務所が有吉の子妊娠報道に圧力
10 井筒監督がマスコミの差別意識を暴露!
11 グッディ!土田マジギレ真の原因
12 秋篠宮家の料理番がブラック告発
13 曽野綾子も野田聖子に障がい者ヘイト
14 草なぎ剛のお相手はあの人との仰天説
15 SMAPファンがジャニーズの嘘を暴露
16 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
17 林真理子がなんとキムタク批判!
18 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
19 SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない
20 娘婿まで追放、メリーの暴走老人ぶり
PR
PR
1日本の恥!リオ閉会式で安倍が政治宣伝
2NHKがピーコの戦争批判をカット!
3水原希子が靖国神社にNO!
4井筒監督がマスコミの差別意識を暴露!
5片山さつきが貧困女子高生を卑劣攻撃
6大嘘つき!安倍がオバマの核軍縮を妨害
7安倍のワシントンポスト報道否定は大嘘
8SEALDs解散!奥田愛基インタビュー
9リオで椎名林檎が五輪批判の舞台音楽を
10甘利明事件潰しの法務官僚が事務次官に
12天皇生前退位でよしりんvs日本会議
13いとう、アジカン後藤の”音楽と政治”論
14沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
16小池百合子にも政治とカネの重大疑惑
17安倍政権の外国人実習制度で失踪者続出
18宇多丸が「大本営発表はいまの問題だ」
19鶴保庸介沖縄北方相が元妻にモラハラ!
20梅沢富美男が高畑事件で女性蔑視発言
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」