日本でも“鯨肉いらない”若者が増加!? 食べておきたい鯨料理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kujira_01_140906.jpg
『日本の鯨食文化 世界に誇るべき“究極の創意工夫”』(祥伝社新書)

 国際司法裁判所によって日本の調査捕鯨は国際捕鯨取締条約違反であるという判決が下って数カ月。政府は、今月スロベニアで開かれる国際捕鯨委員会の総会で、調査捕鯨を今後も続ける方針を説明するというが、欧米諸国の反発は必至だ。

「このままでは鯨肉文化が失われる」と危機感をもつ人も数多いが、一方で「牛も豚も鶏もあるんだから、別に鯨いらなくね?」という声も挙がっている。というのも“クジラを食べたことがない”世代が増えているからだ。

 一般的に全国の学校給食から鯨肉の姿が消えたとされているのは、商業捕鯨禁止が決定した1987(昭和62)年。単純に計算すれば、80年に生まれた壇蜜やEXILEのATSUSHI、広末涼子、竹内結子らの世代以降は、人気給食メニューだったクジラの竜田揚げを食べていないのである。

 彼らからすれば、鯨肉にこだわる世代を「中年乙」と冷ややかに見ているのかもしれないが、クジラの肉の味を知らないのはあまりにもったいない! そこで今回は、“まだ食べられる”鯨料理を、『日本の鯨食文化』(小松正之/祥伝社新書)から紹介しよう。

 まず、鯨肉といえば、前出の通りやっぱり給食。高度経済成長を迎えようとしていた1960年代、安価で栄養価の高い鯨肉は低予算だった学校給食制度のなかで、竜田揚げや炒め煮、味噌煮など数々のメニューを生み出してきた。なかでもノスタルジー度が高いのは、「クジラのノルウェー風」。片栗粉をまぶした鯨肉を油で揚げ、オーロラソースを絡めた一品だ。ジューシーさに欠け、相当な噛みごたえがあるが、それがまた郷愁感を呼ぶ。

 また、現在でも多くの居酒屋で食べることができるのが、「鯨ベーコン」。いまでは値が張る高級珍味となってしまったが、もともとは「売れない鯨肉の部位」を、豚のベーコンに似た品質だったことから「鯨ベーコン」と呼び、戦前の水産業者が売り出したもの。とはいえ、独特の油のうまみは豚にも劣らない。つまみとしては辛子醤油で食べるのが一般的だが、ベーコンエッグにするのもオツだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

日本の鯨食文化――世界に誇るべき“究極の創意工夫”(祥伝社新書233)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

日本でも“鯨肉いらない”若者が増加!? 食べておきたい鯨料理 のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどん世代食品の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃