婚活必勝の秘訣は、ツッコミとおさわり!? 婚活女子への男の本音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
konkatsu_01_140829.jpg
『スパルタ婚活塾』(文響社)

 婚活という言葉が出現したのは2007年のことだ。以降、婚活パーティー、婚活請負人、婚活ドラマ、そして婚活本など“便乗ビジネス”が出るわ出るわ。ノホホンとしていては結婚などできない、婚期が遅れる! という時代の象徴、脅迫ビジネスでもあるが、それは2014年の現在も変わらない。いや、それはますます加速しているといっていい。

 だが今年8月に出版された『スパルタ婚活塾』(水野敬也/文響社)は、これまでの婚活本とはちょっと変わったマニュアル本だ。なにしろ著者は、ダブルミリオンの売上げを叩き出した自己啓発小説『夢をかなえるゾウ』(飛鳥新社)の作者・水野敬也。水野は、恋愛マニュアル本『LOVE理論』(文響社)をヒットさせ『スパルタ恋愛塾』というDVDを世に送った恋愛の達人でもあるのだ。そんな水野の婚活スパルタぶりは冒頭から炸裂する。
「女よ。今、この文章を読んでいる貧乳のお前だよ」「『別に結婚願望なんかないんですけど』などと言おうものなら、その瞬間に強烈なビンタを食らわせ、気絶したところを強引に玉の輿に乗せる」と威勢良く豪語するのだ。そんなスパルタ婚活塾とは一体どんなものなのか。

 まず基本は「会話」術らしい。ここでも水野はこれまでの常識について一発かます。

 多くのマニュアル本に書かれている「女性としてのマナーを大切にしましょう」『男性の話が盛り上がるように聞き上手になりましょう』『男性の自尊心をくすぐるようなホメ言葉を言いましょう』なんて“常識”は大間違い。これらは男のニーズを無視したものであり、はっきりいってキモい!というのだ。そして会話で一番大切なのは「ツッコミを入れること」だと説く。

「俺は大学四年間、六本木のカラオケパブでアルバイトをしていた。その店には六本木のキャバクラや銀座のクラブのアフターで来る客が多く、そしてその中にはいわゆる美人でないのにお金持ちの男を次から次へとつれてくる女がいて、俺は彼女たちがどのような会話をしているのかつぶさに研究していた」

 その結論が「ツッコミ上手な女」ということらしい。

 ツッコミを入れるということは、相手の発言の意図を正しく理解していることで、しかも退屈な予定調和ではなく、スリリングで魅力的な会話に発展する。しかもツッコムことで「男の上の立場にポジショニングができる」のだという。

 例えば男が「俺、料理得意なんだよね」と言ったら「すごいね。今度食べさせて」はNG。正解は「出た、料理得意アピール」とツッコミ、続けて「そうやって女の子を部屋に連れ込んでるんじゃないの?」と暗に男がモテてると持ち上げる。さらに「今度ホームパーティしよう。私が判定してあげる」と話を進め、実際ホームパティーで料理を褒める。これで男の心は大きく揺さぶられ、女のペースにはまっていくといった具合だ。「『男の上に立つコミュニケーション』こそが、顔や年齢を凌駕する最強のスキル」と水野は言う。

 なるほど。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

婚活必勝の秘訣は、ツッコミとおさわり!? 婚活女子への男の本音のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。モテ婚活林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも