能年玲奈はシノラーだったの!? 写真集アート路線に行く末不安の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nounenfb_01_140807.jpg
能年玲奈1stフォトブック『ぐりぐりぐるみ』(東京ニュース通信社)

 8月16日に主演映画『ホットロード』が公開予定の能年玲奈。NHKの朝ドラ『あまちゃん』が社会現象となるほどの反響を呼んでしまったことで今後の“身の振り方”が注目されてきたが、この映画は女優としての試金石となりそうだ。……が、映画公開を前にして、「能年ちゃん大丈夫?」の声がすでに上がり始めた。原因は、先日発売したばかりの写真集『ぐりぐりぐるみ』(東京ニュース通信社)にある。

 というのもこの写真集、手塚治虫を彷彿とさせるベレー帽にアラレちゃん眼鏡をかけたり、かと思えば、赤毛デカアフロ姿で猫ヒロシのポーズを取ったり、ケバ目メイク+東欧チックな民族衣装に身を包み菜の花畑で踊ったりと、終始能年の“不思議ワールド”が全開。これに対してネット上では、「能年写真集アーティスティックすぎや ナチュラルな能年がみたいんじゃ」「化粧濃いよ能年」「もっと自然体な能年ちゃんのが好みだなあ」と、抵抗を示す意見も多数。90年代の「CUTiE」(宝島社)を思わせる奇抜さに、「能年はシノラーになる気なの!?」と不安視する人もいるようだ。

 能年ちゃんが篠原ともえに……? そんなまさか、とも思えるが、篠原ともえの口癖は「ぐふふ〜」という不敵な擬声語だった。そして、能年もこの写真集で、すべてのポエムのあとに「うひひ」と不穏な台詞をくっつけている。この奇妙な符号はミッシングリンクなのか、それとも正統な後継者ということなのか。──ともかく“能年ちゃんのポップアート化”には、ファンから不安と不満が噴出しているらしい。

 だが、こうした打ち出し方は、過去の事例を見れば何も不思議な現象ではない。というよりも、能年よりもさらに奇抜なパッケージングで株を上げたのは、能年も尊敬してやまない、あの小泉今日子である。

 小泉はアイドル全盛期だった85年に発売された雑誌「活人」(毎日新聞社)の表紙で、トップアイドルにあるまじき“黒塗り”になり、世間をあっと驚かせた。これだけでも十分インパクトが大きかったが、雑誌内の企画では魚拓ならぬ“女拓”を披露。さらに翌年発売した写真集『小泉記念鑑』(音楽専科社)ではレントゲンヌードを公開するなど、アイドルを完全に逸脱した前衛的で過激な表現に挑んでいる。

 しかし、問題は「世間はどう捉えたか」のほうだ。いまならば「誰得」「こんなのはエロじゃない」と怒り出す人も多いだろうと思われるが、当時の反応は「さすがはキョンキョン!」だった。ちょうど「活人」が発売される直前に、小泉はシングル「なんてったってアイドル」を発表。アイドル自身がアイドルをメタ化するという日本芸能史に残る“事件”を巻き起こしたばかりだったが、これも大衆は大きく受け入れた。もちろん、「活人」での黒塗りには、「秋山道男や後藤繁雄など“アート親父”たちのオモチャにされている」と言う人も一部にはいたが、小泉自身の志向性なくしては実現しない企画だったことは間違いない。さらに、「なんてったって〜」についても、小泉は近年のインタビューで「またオトナが悪ふざけしてるよ」と思いつつも、「この曲を歌えるのは私だけだろう」という自信があったことを語っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

能年玲奈1stフォトブック 「ぐりぐりぐるみ」 / 能年玲奈 〔ムック〕

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

能年玲奈はシノラーだったの!? 写真集アート路線に行く末不安の声のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。小泉今日子篠原ともえ能年玲奈の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 高校生平和大使の演説中止と安倍政権
2 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
3 加計学園獣医学部施設の設計図疑惑
4 吉永小百合が「9条は変えさせない」
5 松本人志追及に井上公造が「圧力ない」
6 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
7 日本の外務省が文大統領と同様の発言
8 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
9 ローラが所属プロと奴隷契約トラブルも
10 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
11 トランプ差別発言に有本香と玉川徹が
12 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
13 欅坂46平手欠席の背景にブラック労働
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 ネトサポの親玉が愛人に告発された
16 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
17 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
18 綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
19 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
20 仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
1ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
2 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
3菅官房長官が壊れ始めた!トンデモ会見
4久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
5綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
6テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
7高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
8市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
9長崎のメッセージも安倍には届かず!
10グアム北ミサイルは存立危機事態でない
11三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
12トランプ的どっちもどっち論横行の日本
13仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
14寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
15手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
16閉会中審査、小野寺防衛相も隠蔽体質
17幹部から新人までほとんどが商売右翼
18極右丸出し”日本ファースト”は小池命名
19安倍の「人づくり」名称のルーツは?
20岸田『ひるおび!』出演にネトウヨが
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」