>  >  > 能年玲奈“不思議”写真集に落胆の声

能年玲奈はシノラーだったの!? 写真集アート路線に行く末不安の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nounenfb_01_140807.jpg
能年玲奈1stフォトブック『ぐりぐりぐるみ』(東京ニュース通信社)

 8月16日に主演映画『ホットロード』が公開予定の能年玲奈。NHKの朝ドラ『あまちゃん』が社会現象となるほどの反響を呼んでしまったことで今後の“身の振り方”が注目されてきたが、この映画は女優としての試金石となりそうだ。……が、映画公開を前にして、「能年ちゃん大丈夫?」の声がすでに上がり始めた。原因は、先日発売したばかりの写真集『ぐりぐりぐるみ』(東京ニュース通信社)にある。

 というのもこの写真集、手塚治虫を彷彿とさせるベレー帽にアラレちゃん眼鏡をかけたり、かと思えば、赤毛デカアフロ姿で猫ヒロシのポーズを取ったり、ケバ目メイク+東欧チックな民族衣装に身を包み菜の花畑で踊ったりと、終始能年の“不思議ワールド”が全開。これに対してネット上では、「能年写真集アーティスティックすぎや ナチュラルな能年がみたいんじゃ」「化粧濃いよ能年」「もっと自然体な能年ちゃんのが好みだなあ」と、抵抗を示す意見も多数。90年代の「CUTiE」(宝島社)を思わせる奇抜さに、「能年はシノラーになる気なの!?」と不安視する人もいるようだ。

 能年ちゃんが篠原ともえに……? そんなまさか、とも思えるが、篠原ともえの口癖は「ぐふふ〜」という不敵な擬声語だった。そして、能年もこの写真集で、すべてのポエムのあとに「うひひ」と不穏な台詞をくっつけている。この奇妙な符号はミッシングリンクなのか、それとも正統な後継者ということなのか。──ともかく“能年ちゃんのポップアート化”には、ファンから不安と不満が噴出しているらしい。

 だが、こうした打ち出し方は、過去の事例を見れば何も不思議な現象ではない。というよりも、能年よりもさらに奇抜なパッケージングで株を上げたのは、能年も尊敬してやまない、あの小泉今日子である。

 小泉はアイドル全盛期だった85年に発売された雑誌「活人」(毎日新聞社)の表紙で、トップアイドルにあるまじき“黒塗り”になり、世間をあっと驚かせた。これだけでも十分インパクトが大きかったが、雑誌内の企画では魚拓ならぬ“女拓”を披露。さらに翌年発売した写真集『小泉記念鑑』(音楽専科社)ではレントゲンヌードを公開するなど、アイドルを完全に逸脱した前衛的で過激な表現に挑んでいる。

 しかし、問題は「世間はどう捉えたか」のほうだ。いまならば「誰得」「こんなのはエロじゃない」と怒り出す人も多いだろうと思われるが、当時の反応は「さすがはキョンキョン!」だった。ちょうど「活人」が発売される直前に、小泉はシングル「なんてったってアイドル」を発表。アイドル自身がアイドルをメタ化するという日本芸能史に残る“事件”を巻き起こしたばかりだったが、これも大衆は大きく受け入れた。もちろん、「活人」での黒塗りには、「秋山道男や後藤繁雄など“アート親父”たちのオモチャにされている」と言う人も一部にはいたが、小泉自身の志向性なくしては実現しない企画だったことは間違いない。さらに、「なんてったって〜」についても、小泉は近年のインタビューで「またオトナが悪ふざけしてるよ」と思いつつも、「この曲を歌えるのは私だけだろう」という自信があったことを語っている。

この記事に関する本・雑誌

能年玲奈1stフォトブック 「ぐりぐりぐるみ」 / 能年玲奈 〔ムック〕

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
2 相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
3 綾野剛が映画の自主規制と内面化を批判
4 小池百合子は“ネトサポ”の親玉だった
5 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
6 雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
7 SHELLYがネトウヨに堂々反撃
8 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
9 ポケモンGOで自民党とマスコミの姑息
10 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
11 キムタク最大のタブーとは?
12 SMAPを殺したのはキムタク
13 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
14 反安保発言!長渕剛は右翼か反戦か?
15 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
16 雨宮塔子に「母親失格」の理不尽批判
17 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
18 林真理子がなんとキムタク批判!
19 改憲勢力2/3に直木賞作家が危機感!
20 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
PR
PR
1天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
2石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
3安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
4米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
5鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
6日本会議会長が「軍隊つくる」、安倍も
7小池百合子は“女性の味方”じゃない!
8 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
9小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
10「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
11小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
12相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
13自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
14大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
15安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
16雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
17改憲勢力2/3に直木賞作家が危機感!
18水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
19小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
20石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」