もう一度いう。ジブリ解散も撤退もない、そして次回作はコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 一方、ファンタジーではないが、宮崎監督が抱いている時代への危機感とリンクしているのが『飛ぶ教室』だ。宮崎監督はこの作品について、「時代が破局に向かっていくのを予感しつつ、それでも「少年たちよ」という感じで書かれたもの」と語っている。しかも、この物語を読んで「ぼくには少年時代も大人の時代もやり直すことはできません。でも…と思います。ちゃんとした老人になら、まだチャンスはあるかもしれないって…。」という感想を述べている。

『みどりのゆび』も同じように、宮崎監督が今の時代に必要だと考えているお話かもしれない。自分の親指がふれるものから草や花がはえてくるという能力をもった主人公のチトが兵器工場や刑務所を緑にかえてしまうお話で、まさにジブリ的なファンタジー。宮崎監督も「ぼくらのゆびは、みどり色ではありませんが、チトの側にいようと思っています」と思い入れたっぷりに語っている。

『ぼくらわんぱく5人組』はナチス占領前のチェコスロバキアのユダヤ人の少年の話だが、ファンタジー的な要素も強い。宮崎監督は「あとの12章は作者が何を伝えようとしているのか、ぼくには判らないのです」「未完だったかもしれないとも思いました。作者はこの原稿をひみつの机にかくして、強制収容所で殺されてしまったからです。」と語っているが、その感想はネガティブなものではなく、どうにか理解したいという気持ちが伝わってくる。しかも、この数年後、震災直後のインタビューでも、宮崎監督はこの作品のことをこんなふうに語っている。

「風が吹き始めました。(中略)生きていくのに困難な時代の幕が上がりました。この国だけではありません。破局は世界規模になっています。(中略)放射能をはらむ風が窓の外の樹々を吹き荒れているのを見ているうちに、今、もう一度『ぼくらはわんぱく5人組』を読まなければならないと思いました。ポラーチェクがアウシュヴィッツで殺されたとき、この原稿はある出版社の机のなかにかくされていたのです。/この作品は「やり直しがきく話」という僕の考える児童文学の範囲をはるかに超えるものを含んでいるようです。」

 実は同じインタビューの中で、宮崎監督は自分とジブリがこれから取り組むべき映画について「風が吹き始めた時代の映画は、机の抽斗にかくさなければならない作品かもしれないという覚悟がいります」とも話している。宮崎監督がこれから、ナチの占領下で机の引き出しに隠されていた作品を取り出し、新しい時代の映画にしようとする可能性は十分ある。

 どうだろう。いずれも、宮崎監督が思い入れたっぷりに語っているだけあって、ジブリが映画にするのにふさわしい作品ばかりだ。ここはあえて断言しよう。ジブリの次回作は『まぼろしの白馬』『飛ぶ教室』『みどりのゆび』『ぼくらはわんぱく5人組』このうちのどれかだ、と。
 
 こんなことを書くと、「夕刊フジ」や「ZAKZAK」を信じているあなたは「ジブリは解散するのに、何を妄想してるの?」と小馬鹿にするかもしれない。だが、筆者とリテラは誰がなんといおうと、ジブリが、そして宮崎駿が「いまの時代にほんとうに観てよかったと思える新しいファンタジー」で私たちを再び感動させてくれると確信している。答えは遅くともあと数年のうちに出るはずだ。
(酒井まど)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

もう一度いう。ジブリ解散も撤退もない、そして次回作はコレだ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スタジオジブリ次回作の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 つるの剛士が虎ノ門ニュースに出演
2 “アベ友”医師がトンデモ差別発言連発
3 りゅうちぇるが慰霊の日に戦争、米軍基地への思いを
4 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
5 官邸の検察への圧力を物語る森友文書が
6 高プロ旗振り役・竹中平蔵が「残業代は補助金」
7 安倍そっくり!加計が報ステ記者を締め出し
8 サッカーW杯・テーマソングを徹底比較
9 Coccoが語る沖縄基地問題
10 加計理事長が大阪地震にぶつけて会見のゲス
11 新潟県知事の花角「原発再稼働は当然」
12 蓮池透が南北会談めぐる安倍の姿勢を批判
13 グッディ!土田マジギレ真の原因
14 NEWS手越不祥事をJ忖度メディアがスルー
15 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
16 ラストアイドル近田春夫曲が反安倍と炎上
17 日朝交渉やる気なしの安倍が嘘の武勇伝でごまかし
18 和田政宗も絶賛「HINOMARU」とW杯
19 大阪地震で差別デマ「スリーパーセルの仕業」
20 安倍が森友加計追及を鈍らせるため震災を政治利用
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1新潟県知事の花角「原発再稼働は当然」
2加計理事長が大阪地震にぶつけて会見のゲス
3 官邸の検察への圧力を物語る森友文書が
4安倍と加計の嘘を証明する資料発見!
5安倍が森友加計追及を鈍らせるため震災を政治利用
6是枝監督へのネトウヨ攻撃に町山、想田、松尾が反論
7 安倍そっくり!加計が報ステ記者を締め出し
8パックンが日本の芸人の権力迎合を分析
9“アベ友”医師がトンデモ差別発言連発
10米朝会談でトランプ任せの安倍に蓮池透が怒り
11日朝交渉やる気なしの安倍が嘘の武勇伝でごまかし
12安倍カジノ法案強行の背景にトランプ!
13ラストアイドル近田春夫曲が反安倍と炎上
14 拉致進展なしで安倍が必死のゴマカシ!
15大阪地震で差別デマ「スリーパーセルの仕業」
16加藤勝信厚労相が高プロ調査をでっち上げ
17高プロ旗振り役・竹中平蔵が「残業代は補助金」
18新潟県知事選で花角知事陣営がデマ攻撃
19サッカーW杯・テーマソングを徹底比較
20米朝会談開催地は朝鮮人慰安婦連行の地
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄