もう一度いう。ジブリ解散も撤退もない、そして次回作はコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 一方、ファンタジーではないが、宮崎監督が抱いている時代への危機感とリンクしているのが『飛ぶ教室』だ。宮崎監督はこの作品について、「時代が破局に向かっていくのを予感しつつ、それでも「少年たちよ」という感じで書かれたもの」と語っている。しかも、この物語を読んで「ぼくには少年時代も大人の時代もやり直すことはできません。でも…と思います。ちゃんとした老人になら、まだチャンスはあるかもしれないって…。」という感想を述べている。

『みどりのゆび』も同じように、宮崎監督が今の時代に必要だと考えているお話かもしれない。自分の親指がふれるものから草や花がはえてくるという能力をもった主人公のチトが兵器工場や刑務所を緑にかえてしまうお話で、まさにジブリ的なファンタジー。宮崎監督も「ぼくらのゆびは、みどり色ではありませんが、チトの側にいようと思っています」と思い入れたっぷりに語っている。

『ぼくらわんぱく5人組』はナチス占領前のチェコスロバキアのユダヤ人の少年の話だが、ファンタジー的な要素も強い。宮崎監督は「あとの12章は作者が何を伝えようとしているのか、ぼくには判らないのです」「未完だったかもしれないとも思いました。作者はこの原稿をひみつの机にかくして、強制収容所で殺されてしまったからです。」と語っているが、その感想はネガティブなものではなく、どうにか理解したいという気持ちが伝わってくる。しかも、この数年後、震災直後のインタビューでも、宮崎監督はこの作品のことをこんなふうに語っている。

「風が吹き始めました。(中略)生きていくのに困難な時代の幕が上がりました。この国だけではありません。破局は世界規模になっています。(中略)放射能をはらむ風が窓の外の樹々を吹き荒れているのを見ているうちに、今、もう一度『ぼくらはわんぱく5人組』を読まなければならないと思いました。ポラーチェクがアウシュヴィッツで殺されたとき、この原稿はある出版社の机のなかにかくされていたのです。/この作品は「やり直しがきく話」という僕の考える児童文学の範囲をはるかに超えるものを含んでいるようです。」

 実は同じインタビューの中で、宮崎監督は自分とジブリがこれから取り組むべき映画について「風が吹き始めた時代の映画は、机の抽斗にかくさなければならない作品かもしれないという覚悟がいります」とも話している。宮崎監督がこれから、ナチの占領下で机の引き出しに隠されていた作品を取り出し、新しい時代の映画にしようとする可能性は十分ある。

 どうだろう。いずれも、宮崎監督が思い入れたっぷりに語っているだけあって、ジブリが映画にするのにふさわしい作品ばかりだ。ここはあえて断言しよう。ジブリの次回作は『まぼろしの白馬』『飛ぶ教室』『みどりのゆび』『ぼくらはわんぱく5人組』このうちのどれかだ、と。
 
 こんなことを書くと、「夕刊フジ」や「ZAKZAK」を信じているあなたは「ジブリは解散するのに、何を妄想してるの?」と小馬鹿にするかもしれない。だが、筆者とリテラは誰がなんといおうと、ジブリが、そして宮崎駿が「いまの時代にほんとうに観てよかったと思える新しいファンタジー」で私たちを再び感動させてくれると確信している。答えは遅くともあと数年のうちに出るはずだ。
(酒井まど)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

もう一度いう。ジブリ解散も撤退もない、そして次回作はコレだ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スタジオジブリ次回作の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
2 欅坂・平手が「今年はひどいことばかり」
3 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
4 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
5 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
6 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
7 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
8 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
9 政権が原発被害隠しにDASH村利用
10 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
11 稲垣、草なぎ、香取と日本財団の関係
12 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
13 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
14 たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
15 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
16 今年も紅白はジャニーズが私物化
17 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
18 27時間からさんま&中居が消えた理由
19 葵つかさが「松潤とは終わった」と
20 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
1国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
2加計学園で設置審委員が内情暴露!
3直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
4日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
5テレビが封印した安倍とトランプの映像
6義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
7萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
8欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
9安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
10鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
11内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
12マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
13沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
14安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
15山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
16安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
17「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
18 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
19JASRACが坂本龍一を騙しうち!
20『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」