>  >  > 仰天! 村上春樹に大麻疑惑が!

仰天! 村上春樹が大麻パーティに参加していた! 酩酊写真も流出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
haruki_01_140806.jpg
『女のいない男たち』(文藝春秋)

 ASKAの覚醒剤逮捕に危険ドラッグ問題など、薬物による事件が多発し、注目を集めているが、ここにきて大物作家の薬物疑惑が噴出した。それは、日本を代表する作家であり、“ノーベル文学賞にいちばん近い作家”と呼ばれる、あの村上春樹だ。

 世界的な評価の高さはもちろん、昨年発表した『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)は発売1週間で100万部を突破し、4月に発売した短編集『女のいない男たち』(文藝春秋)は発売初日にすでに30万部となるなど、稀代のヒットメーカーでもある春樹。そんな彼に持ち上がったのは、「大麻パーティ」への参加疑惑だ。

 これを報じているのは、「アサヒ芸能」(徳間書店)8月14日・21日合併特別号。「村上春樹が酩酊した「ドイツ大麻パーティ」の一部始終」と題し、大麻に酔いしれていると思しき春樹の姿を写した写真を袋とじの巻頭にてカラーで掲載しているほど。

 この記事のネタ元となっているのは、ドイツ人のフォトジャーナリストであるペーター・シュナイダー氏。彼は1984年に「BRUTUS」(マガジンハウス)の取材でドイツを訪れた“小説家”に同行。ある日、ハンブルグ郊外のクラブに取材へ行くのだが、当日は休業日だった。しかし、クラブのオーナーより「自宅に寄っていかないか」と誘われ、春樹と通訳、日本人カメラマン、そしてシュナイダー氏の4人で応じたのだという。そこで、このオーナーから「よかったら一服やらないか?」とマリファナを薦められたというのだ。

 通訳は「大麻は大丈夫でしょうか?」と春樹に尋ねたのだが、春樹は“こともなげに”このように答えたという。

「ええ、大麻なら、僕は好きですよ」

 車の運転があり、大麻パーティに参加しなかったというシュナイダー氏の証言によれば、「漂う“紫の煙”を躊躇なく深く吸い込んだ村上氏は酩酊状態になってしまった」。そして春樹は、暗い部屋だったにもかかわらずなぜかサングラスを外さなかったという。いわく、「もしかしたら、取材班や私に“うつろな目”をしているのを見られたくなかったのかもしれません」(シュナイダー氏)。……たしかに、「現場写真」だというカラー写真を見ると、ハイになって陽気な雰囲気の参加者に囲まれた春樹はただひとり、うつむきかげんでどっぷりと、その世界をしみじみ味わっているような雰囲気だ。

この記事に関する本・雑誌

女のいない男たち

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 NEWS加藤がSEALDsに賛同!
2 自民党のオバマ利用“違法CM”の顛末
3 稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
4 広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
5 『朝生』を自民公明議員がドタキャン
6 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
7 森山農水相らの賄賂疑惑にテレビが沈黙
8 参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
9 乙武別居で障碍者への偏見報道が
10 戦争に翻弄された悲劇のプロ野球選手たち
11 宇野常寛が舛添イジメ批判
12 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
13 山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
14 大手メディア参院選情勢調査の結果は
15 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
16 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
17 安倍も政治資金の公私混同が次々判明
18 甘利明の捜査を潰した法務省幹部の名前
19 五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
20 松本人志が16億土地転がしを否定も…
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2フジロックに政治を持ち込むなというバカ
3安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
4参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
5稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
6報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
7山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
8安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
9安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
10「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
11大手メディア参院選情勢調査の結果は
12NHKディレクターが語る原発報道圧力
13党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
14舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
15五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
16安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
17百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
18安倍のPR動画パロディを自民党が削除
19日本会議の抱える“後ろめたさ”とは?
20森山農水相らの賄賂疑惑にテレビが沈黙
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」