美輪さまの愛も盛り上がる! 『花子とアン』秘蔵っ子ふたりが出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
miwaakihiro_01_140718.jpg
NHK連続テレビ小説「花子とアン」公式サイト「語り 美輪明宏さんインタビュー」より


 本日7月18日放映の『花子とアン』でなんとも意味深なシーンが流れた。
 
 仲間由紀恵演じる蓮子(仲間由紀恵)が駆け落ち相手・宮本龍一とおちあうシーン。待ち合わせ場所のカフェに急ぐ蓮子。不安に駆られながら蓮子を待つ龍一。ふたりの様子を交互に映し出しながら、ドラマの最後の約3分の間、ひと言のセリフもなく、美輪の歌う「愛の讃歌」が響きわたる。そしてようやく出会ったふたりはひしと抱き合って—―。

 このシーンがなぜ意味深かというと、その駆け落ち相手、宮本龍一を演じた新人俳優・中島歩が、バックで迫力ある歌声を響かせた美輪明宏、美輪さまの秘蔵っ子といわれている存在だからだ。中島は、昨年、美輪のライフワークともいえる舞台「黒蜥蜴」のオーディションで美輪の相手役、黒蜥蜴の年下の愛人・雨宮潤一役に選ばれ、俳優デビューをはたしたのだが、このときの美輪の入れこみようは相当なもので、中島のことを「あの子は私の若い頃に似ている」とベタ褒めしていたという。

 一方の中島も、「手取り足取りで(美輪さんから)『本当に手がかかるわね』って言われて」「美輪さんはやっぱり魅力的。演出のときもすごく丁寧」と美輪との濃密の稽古の様子を語っており、さらには「美輪さんに認められるための芝居」をしたいと、美輪に完全に心酔している。

 その中島が、今回、美輪がナレーションをつとめる『花子とアン』で仲間由紀恵の相手役という非常に重要な役に抜擢されたのである。絶賛された2012年の紅白歌合戦出演以降、美輪のNHKへの影響力は強まっており、このキャスティングの裏には美輪さまの推薦があったのではないかといわれている。

 しかも、『花子とアン』には、美輪さまと“深い関係”の俳優がもう一人出演している。この俳優は、蓮子が主催するサロンに出入りする新聞記者・黒沢を演じている木村彰吾だ。
 
 木村は01年の舞台『毛皮のマリー』のオーディションで見いだされて以降、美輪の主演舞台では毎回のように恋人役を務めてきた。その親密ぶりはたびたびマスコミの話題にもなっており、07年には美輪がレギュラー出演していた『オーラの泉』に、まだ無名だった木村がゲストとして登場。江原が「美輪と木村は前世で夫婦だった」と口にするほど“公認”の仲だった。「女性セブン」(小学館)7月10日号によれば、二人が共演した北野武監督の映画『TAKESHIS'』への出演も、「美輪が北野監督に推薦状を書いて実現した」ものという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

天声美語

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

美輪さまの愛も盛り上がる! 『花子とアン』秘蔵っ子ふたりが出演のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHK朝ドラ美輪明宏の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画