小学館がチンギス・ハーンに謝罪する一方、中韓ヘイト本は放置のダブルスタンダード! 異例対応の背景に外務省圧力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
corocoro_180309_top.jpg
小学館「コロコロコミック」2018年3月号

 小学館の少年漫画誌「コロコロコミック」2018年3月号(2月15日発売)の“チンギス・ハーン落書き問題”。6日、小学館はとうとう発売中止を発表した。

 念のため振り返っておくと、問題になったのは、同誌で連載されているギャグマンガ「やりすぎ!!! イタズラくん」(吉野あすみ)の描写の一部。モンゴル帝国の初代皇帝であるチンギス・ハーンの肖像画を見た作中のキャラクターが「チ( )・( )ン」という空欄を穴埋めする形式で人物名を答えようとするのだが、「チ(ン)・(チ)ン」と書いた上で、肖像画の額に男性器の落書きをしたというものだ。

 これに対し、モンゴル出身の元横綱・朝青龍がTwitterで2月22日、〈なー言いとけどなー!! 先祖バカにするお前ら!! 品格がない日本人!! 許せない!! 謝れ!! 謝れ!! 謝れ!! どこのゴミの会社!?〉などと投稿・抗議して大きな話題に。駐日モンゴル大使館も同23日、臨時代理大使名でFacebookに抗議文を発表した。

 小学館は同日、公式サイトで〈モンゴルの英雄であるチンギス・ハーンに関する不適切な表現があったことにより、モンゴル国国民の皆様をはじめチンギス・ハーンを敬愛する全ての方々にご不快の念を抱かせましたことを、深くお詫び申しあげます〉〈今後はかかる事態を起こさないよう、モンゴルの歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存です〉などとする謝罪文を掲載した。

 また、先月末には在日モンゴル人らが東京都の小学館前で抗議デモを行うなどし、書店で自主的に販売しない動きが出始めた。そして3月6日、小学館が「コロコロコミック」3月号を発売中止にすると発表するに至った。

 いかにも小学生向けの漫画雑誌らしい下ネタ描写が抗議を受け、版元が発売中止まで決定した今回の騒動。たしかに、モンゴルではチンギス・ハーンは英雄視されており、その歴史的人物の肖像に男性器を描いた表現は、モンゴルの歴史や文化を罵倒していると受け止められても仕方がない。無論、こうした表現に対して抗議をする行為自体も正当である。

 他方で、ネット上では「版元が販売中止にするほどのものなのか」という疑問の声も少なくない。実際、歴史的人物の顔に落書きをするというのは、古今東西で用いられてきたパロディの手法だ。もし、これが名誉毀損裁判ならば、作中のギャグ表現が「表現の自由」の範疇であるかが争点の一つになるだろう。

 しかし、今回の一件で最大の問題は、「表現の自由」ではなく、版元の小学館が見せたダブルスタンダードのほうだろう。というのも小学館は“チンギス・ハーン落書き問題”では販売中止という異例の措置をとった一方、これまで数々の中国・韓国に対するヘイト本を出版し、差別の扇動を垂れ流してきたからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

小学館がチンギス・ハーンに謝罪する一方、中韓ヘイト本は放置のダブルスタンダード! 異例対応の背景に外務省圧力のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SAPIOコロコロコミック嫌韓小学館編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 “日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
2 安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
3 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
4 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 高プロ法案の強行採決を許すな!
8 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
9 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
10 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
11 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
12 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
13 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
14 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
17 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20“日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?