反北より嫌韓のネトウヨ心性発露? 八代英輝弁護士が韓国憎しで北朝鮮を擁護し「韓国は北の軍事パレードに参加しろ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yashiro_180201_top.jpg
『ひるおび!』(TBS)番組ホームページより


 北朝鮮の平昌五輪への参加が決まった後もさまざまな対立が表面化して一進一退を繰り返している朝鮮半島情勢。ところが、1月30日放送の『ひるおび!』(TBS)で、あの八代英輝弁護士がその膠着状態を吹き飛ばすようなすごい奇策を口にした。

「韓国は北朝鮮の軍事パレードに参加するべき!」

 究極の平和主義者や南北統一原理主義者でさえ口にしない、世界の常識を覆すような主張だが、もちろん八代弁護士はそういう思想の持ち主ではない。それどころか『ひるおび!』ではスシローこと安倍御用記者の田崎史郎の露骨さの陰に隠れ、ソフトな語り口でニュートラルに映っているが、八代弁護士の思想的本質は安倍応援団やネトウヨに近い。

 実際、かつてレギュラーだった『たかじんNOマネーBLACK』(テレビ大阪/2015年に終了)では、番組の影響力が低いと思って気を許していたのか、露骨な安倍政権擁護を繰り返していたし、『ひるおび!』でも、韓国や中国に話題が及ぶと、感情的としか思えない嫌韓反中発言をしばしば口にしている。

 たとえば、ここ最近は、さんざん平昌五輪バッシングを展開していた。韓国が北朝鮮の五輪参加を受け入れたことについて「五輪の政治利用そのもの」「世界は韓国を非難している」などと罵倒したかと思えば、日韓合意見直し問題で安倍首相が平昌五輪欠席をちらつかせると「安倍首相は行かなくていい。平昌五輪なんて全然盛り上がってない」と大演説。あげくは、女子アイスホッケーの韓国・北朝鮮合同チーム問題を取り上げた番組に対して、「他国のチームはどうでもいい、スマイルジャパン(日本代表)のことだけでいい」と噛み付く始末だった。

 そんな八代弁護士が「韓国は北朝鮮の軍事パレード参加するべき!」などと言い出したのはなぜか。いや、それだけでなく、八代弁護士はこの日、北朝鮮擁護としか思えない論理まで口にしていた。

 それはこの日の『ひるおび!』の新聞記事紹介コーナーで、北朝鮮が平昌五輪に合わせて2月4日におこなうことで合意していた「南北合同文化行事」の中止を韓国側に通告した、というニュースを取り上げたときのこと。番組では「韓国メディアが北朝鮮を冒涜しているから」という北朝鮮側の表向きの言い分、さらに五輪開会式前日に北朝鮮がおこなう軍事パレード批判に北朝鮮が怒ったという見方を紹介した。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

反北より嫌韓のネトウヨ心性発露? 八代英輝弁護士が韓国憎しで北朝鮮を擁護し「韓国は北の軍事パレードに参加しろ」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひるおび!八代英輝編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも