トランプ歓迎のマスコミはこれを聴け! SKY-HIが人種差別を批判する新曲をリリース、星野源にも共通する問題意識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
skyhi_01_20170927.png
「MUSICA」(FACT)2017年10月号

 差別主義者のトランプ来日大統領の来日に、大歓迎でこたえる日本のマスコミ。しかし、差別問題への意識の低さは今に始まった事ではない。8月にバージニア州シャーロッツビルで死傷者を出した衝突でも、日本のマスコミは一貫して「対岸の火事」といった態度を取り続け、あろうことかトランプ大統領による「どっちもどっち」発言に同意の声をあげたワイドショーまであった。

 しかし、そんななか、あのSKY-HIが明らかにシャーロッツビル事件を意識した新曲を発表した。

 SKY-HIといえば、AAAのメンバー・日高光啓がソロ活動を行うときの名前だが、踏み込んだ政治的メッセージの楽曲を発表してきた。共謀罪が参院本会議で強行採決された6月15日のわずか5日後には、突如YouTube上に「キョウボウザイ」という新曲をアップ。森友・加計学園隠しのための強行採決であることや、当時の金田勝年法相をはじめ与党がまともに議論に応じようともしない強権的な国会運営を繰り返していたことをラップで批判した。

〈燃えた家計簿に(加計)/火消しをするように/木で隠した森(Friend)/丸出しでソーリー/シンゾウには毛が生えて/舌の数は無尽蔵/HP残り36ポイント(支持率)/保護するのは秘密の方で/テロと五輪 歪なコーデ/組み合わせて出来た/それで治安維持しようぜ〉

 9月には2日間東京ドーム公演を行ったほどの規模のメジャーアーティストがここまで勇気ある行動を起こしたことは、多くの人々を驚かせた。

 そんなSKY-HIが先日、配信限定の企画アルバム『Marble』をリリースした。そのタイトル曲となる「Marble」ではこのように歌われている。

〈We got it, black, white, yellow, red and blue
 You know there ain’t no need to fight
 Listen, we don’t need to choose
 どんな色にしようか?
 お好きに選びな坊や
 混ざるようで混ざらないマーブル模様が綺麗だ
 自分と違う色の輝きが羨ましい?
 混ざりゃとても綺麗 汚し合うなんて馬鹿馬鹿しい〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

トランプ歓迎のマスコミはこれを聴け! SKY-HIが人種差別を批判する新曲をリリース、星野源にも共通する問題意識のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。星野源編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも