元KAT-TUN田中逮捕報道の裏で、NEWS手越と金塊事件容疑者との交友が浮上もジャニーズタブーでマスコミは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
元KAT-TUN田中逮捕報道の裏で、NEWS手越と金塊事件容疑者との交友が浮上もジャニーズタブーでマスコミは…の画像1
今回もジャニーズタブーは適用されるのか……?

 元KAT-TUNのメンバー・田中聖が、大麻所持の疑いで逮捕という衝撃的なニュースが飛び込んできた。田中は取り調べに対し容疑を否認しており今後の行方が注目されるが、実はいまもうひとり、ある事件をめぐってジャニーズアイドルの存在がネットで話題になっているのをご存知だろうか。

 昨年7月福岡市博多区で約7億5000円もの金塊が強奪された事件で、22日、6人の容疑者が逮捕された(23日にはさらに1人が逮捕)。この事件は博多駅前という人目の多い場所で白昼堂々と巨額な金塊が盗まれたこと、またその手口が警察官を装ったものだったことなど、大きな注目を浴びた事件であり、今回の逮捕もテレビなどで大々的に報じられている。逮捕者はさらに増えると見られているが、この逮捕報道を受け、ネットではある意外な有名人の名前がクローズアップされている。それがジャニーズ所属のアイドルグループ・NEWSの手越祐也だ。

 なぜ7億5000万円の金塊強奪事件で手越が? と思うのも当然だろう。だが、実は今回、盗品と知りながら、事件直後に金塊を換金したとして逮捕された小松崎太郎容疑者のフェイスブックに、手越と思われる人物との写真がアップされていたのだ。

 2011年にアップされたというその写真を見ると、飲み屋(クラブ?)と思しき場所で、両隣をヒゲで恰幅のいいスーツ姿の男たちに囲まれて、舌を出しながらVサインをするイケメン茶髪の姿が。特徴的な大きな目、舌を出したイタズラっぽい表情、裏ピースの仕草……たしかに、これは手越本人のように見える。

 これに対し、SNSを中心として〈金塊強奪事件の犯人たちは、過去に逮捕歴もある筋金入り犯罪集団なのに、一緒に飲み歩く手越祐也はどういう関係なんだよ〉〈反社会的な勢力と芸能界ってやっぱりつながりが太いんだな〉〈ひゃー 手越くん、イッテQで見れなくなったらやだわ〜〉〈仕組まれたか。ハメラレタか。何かの間違いと思いたいが。テレビキャラと実生活が違いすぎ〉〈芸能生命終了の危機〉などと、その関係を心配する声で溢れた。それも当然だろう。社会的にも大きな事件である巨額金塊強奪の容疑者と、ジャニーズアイドルの手越が、どんな関係にあるのか。まさか金塊事件そのものには関わりがあるとは思えないが、犯罪に関連した可能性のある金が、タニマチ的に(例えば飲食や旅行など)手越に流れていたとしたら──。

 しかし心配はご無用だろう。ネットでは炎上するほどの大騒動になってはいるが、マスコミ、とくにテレビでは金塊強奪の容疑者と手越の交友関係を取材するどころか、おそらくはこの写真の存在さえも報じることなどあり得ないからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

元KAT-TUN田中逮捕報道の裏で、NEWS手越と金塊事件容疑者との交友が浮上もジャニーズタブーでマスコミは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。KAT-TUNNEWSジャニーズ手越祐也林グンマ田中聖の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画