安倍官邸「加計学園圧力文書はフェイク」は疑惑逃れの嘘だった! 決定的証拠が次々、田崎史郎までが「本物」と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

菅官房長官は「捏造文書」だと攻撃!しかし、作成日時も実名も明らかに…

 実際、朝日新聞はこうした攻撃に対抗するように、今朝の一面トップで続報を掲載。「官邸の最高レベルが言っていること」だとして早期開校を要求していた文書には、じつはタイトルに「○○内閣府審議官との打合せ概要(獣医学部新設)」(○○の部分は実名)と名前がしっかり記され、「平成28(2016)年9月26日(月)18:30~18:55」という具体的な日時や、〈「対応者」として内閣府の審議官と参事官、文科省の課長と課長補佐の計4人の実名〉も書かれていると報道したのだ。

 さらに、昨晩放送の『報道ステーション』(テレビ朝日)でも、文書内に登場する日本獣医師会顧問で農林水産副大臣も務めた元衆院議員・北村直人氏が、「てにをはの違いはあるかもしれないが、自分のことが書いてある部分はおおむね紙(文書)の通りだ」と証言。当事者が「発言内容は正しい」と認めている。

 本サイトでも、今回の文書の真偽について各方面で取材を行ったが、実際に作成された「本物」であることは確かなようだ。それを安倍官邸は「捏造」呼ばわりし、「出所不明」「怪文書」などと会見で言い切ることで事実を「フェイクニュース」に仕立て上げたのである。

 国民を欺くのもいい加減にしろと言いたいが、じつは、安倍官邸も昨夜になってこの「フェイクニュースとレッテル貼り」戦法では、もはや逃げ切ることはできないと踏んだらしく、方向転換を図っている。

 実は、今朝の『とくダネ!』(フジテレビ)では“官邸のスポークスマン”である御用記者・田崎史郎氏が「文書は本物」と明言し、ただし「「総理の意向」は加計学園だけでなく全体のことを指している」「問題があって処分された役人が逆恨みで流出させた」などと苦し紛れの弁明を展開していた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 嵐・松本潤に葵つかさが反撃開始?
2 前川証言にも嘘を言い切る菅官房長官語
3 収録済“安倍と籠池コント”がボツに!
4 官邸が前川前次官に直接圧力の事実が
5 義家弘介が便宜をビンセンと読み間違い
6 菅に日歯連から3000万円迂回献金
7 前次官会見で田崎スシローが失笑発言
8 官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
9 前川問題で大恥、読売の政権広報紙ぶり
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
12 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
13 保守女子座談会で保守オヤジの悪口大会
14 ワイドナ「宮崎駿の引退宣言集」はデマ
15 小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
16 カンニング竹山、村本も共謀罪に反対
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
18 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
19 NEWS手越と金塊事件容疑者が…
20 文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
PR
PR
1官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
2松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
3文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
4『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
5義家弘介が便宜をビンセンと読み間違い
6共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
7安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
8加計学園「総理の意向」文書は本物!
9佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
10文科省前次官の醜聞はやはり官邸の謀略
11加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
12官邸が前川前次官に直接圧力の事実が
13 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
14前川問題で大恥、読売の政権広報紙ぶり
16官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
17室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
18加計に利権独占させた安倍政権の手口
19共謀罪強行採決もまだ希望はある!
20室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」