中居正広と飯島元マネが新事務所設立、と「新潮」が報道! キスマイも合流し中居派20人参加の推測も前途は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakaimasahiro_01_150606.jpg
今回の「週刊新潮」記事は今後の展開にどのような影響をおよぼすのだろうか……?

 SMAP解散まであと1カ月足らず。SMAP騒動に火をつけた「週刊新潮」(新潮社)が今日発売の12月15日号で、興味深い記事を掲載した。「「SMAP」解散後のプランA」なるタイトルで、中居正広、草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾、つまり木村拓哉以外の4人が、SMAP育ての親である飯島三智元マネージャーと新たな芸能事務所を設立する、と報じたのだ。

「週刊新潮」は飯島氏の積極的な動きを紹介したあと、こんな芸能関係者のコメントを掲載している。

「来年の9月、ジャニーズ事務所との契約切れを待って、木村以外の4人で独立し、そこに飯島も満を持して参加する腹づもりのようです。最近、彼女と話した人によれば、“アイディアが本当に湧いてくるの”とやる気満々、興奮を抑えきれないって感じだったそうですよ」

 しかも、独立するタレントは4人だけではなく、Kis-My-Ft2やジャニーズJr.もついてくるという。以下は同じ芸能関係者のコメントだ。

「新しい事務所の『顔』には中居を据える。飯島自身、“ジャニーズ事務所内での彼の求心力はとても強い。だから、キスマイなど所属タレントだけじゃなくジュニアの男の子たちも付いてくる。その数は20人じゃきかない”と話していたんです」

 SMAP解散後の動向については、一貫して中居が独立をあきらめていないという説に立っている本サイトはともかく、最近は芸能マスコミの間でも、中居、草なぎ、稲垣はそのままジャニーズに残り、香取だけが引退するという説がすっかり定説になっていた。それが再び独立話が出てきた、というのはどういうことなのか。ある週刊誌のジャニーズ担当記者が語る。

「3人が残って、香取だけが引退するという情報を流しているのはジャニーズ事務所ですからね。その裏には、香取ひとりに責任を押し付けて、木村のイメージを守り、中居らを取り込もうというジャニーズの思惑がありますから、報道を額面通り受けとるわけにはいかない。しかも最近、ジャニーズがその中居らの取り込みに失敗したという話も流れていたんです。中居らは想像以上に強硬で、来秋以降の新しい企画がまったく決まらない、と。そこにこの『週刊新潮』の記事でしょう。『新潮』は、最初にSMAPと飯島さんの独立をすっぱ抜いた週刊誌で、この問題には独自の情報ルートをもっていますから、ヨタ記事と片付けることはできない」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

中居正広と飯島元マネが新事務所設立、と「新潮」が報道! キスマイも合流し中居派20人参加の推測も前途はのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAP時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画