今もやまぬ人工透析自己責任論の嘘を改めて指摘! 糖尿病の原因は体質遺伝、そして貧困と労働環境の悪化だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nittokyo_161101.jpg
公益社団法人日本糖尿病協会ホームページより


 フリーアナウンサー・長谷川豊による「自業自得の透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」というブログを取り上げた際、本サイトは「今回は長谷川が批判されたが、そのうち生活保護バッシングのように、自己責任論のほうが強くなるかもしれない」と指摘したが、すでにその傾向は出てきているというべきかもしれない。

 たとえば、ブラックマヨネーズの吉田敬はツイッターで〈このままではお金的に将来持たないのではないのか。まっとうに生きてる人が病気になった時にまで対応できなくなる時代が来るのではないのか。みんなで考えませんか?って事〉と長谷川を擁護。

 また、保守メディアの代表「週刊新潮」(新潮社)も、長谷川の肩をもち、人工透析患者批判を煽るような記事を掲載。10月20日号に掲載された「『長谷川豊』アナ発言が暴論じゃすまない『人工透析』年間1.6兆円」というワイド記事だ。

 冒頭、〈「暴論」とは文字通り、乱暴な議論のことであるが、結果的に、蓋をしておきたい何かを「暴く」論となることもありうる〉と、無駄にもったいぶる例の“新潮節”で、長谷川のブログを〈「人工透析」がかかる恐ろしい実態の一端を炙りだしたのは確か〉と評価。そして、炎上の原因は「自業自得」や「殺せ!」などの言葉使いの問題が中心だったとしたうえで、さらに医師・ジャーナリストの富家孝氏や腎臓内科医のコメントを織り交ぜながら、このように伝えている。

 ──2014年の人工透析患者は32万人。一人当たり年間500万円の費用がかかり、総額で年間1兆6000万円。一方、患者の自己負担は月1〜2万円程度で、透析患者は身体障害者1級に認定されうるから負担が0円のケースもあり、その分保険料や税金からの負担になる。また、透析患者は1年に約6000人が増加しており、年間300億円の負担増となる。このままでは国の財政は破綻し、その前に人工透析の自己負担額を増やせという議論が起こるのは必至。だが、透析患者は経済的に高額医療費を払う余裕がない人が多いので、完全に袋小路である……。

 この「週刊新潮」にしろ、ブラマヨ吉田にしろ、「人工透析患者を殺せ」という暴論を「議論に値する」などといい、結局はつくられた医療費亡国論に乗って自己責任論をぶっているだけである。だが、こうした流れによって、そのうち人工透析の問題も「生活保護バッシング」のときのような弱者排斥の流れへと向かい、「全額負担が当然」という論調が幅を利かせるようになるのではないかという危機感を覚えざるを得ない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

今もやまぬ人工透析自己責任論の嘘を改めて指摘! 糖尿病の原因は体質遺伝、そして貧困と労働環境の悪化だったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブラックマヨネーズ人工透析伊勢崎馨医療貧困長谷川豊の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
11 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
12 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13 原発広告に文化人や芸能人が
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画