Kダブシャインが批判を恐れ口をつぐむ日本の音楽状況を批判!「今のアーティストは自主規制を当然と考えている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kdub_160915_top.jpg
Kダブシャイン『自主規制』(ワーナーミュージック・ジャパン)

 今年6月、野外ロックフェス「FUJI ROCK FESTIVAL’16」にSEALDsの奥田愛基氏の出演がアナウンスされたことをきっかけにインターネットで巻き起こった「音楽に政治を持ち込むな」論争。

 当サイトではこの問題を何度も取り上げ、ポップミュージックが歴史的に見ても、貧困への怨嗟や体制への反抗と不可分であること、「音楽に政治を持ち込むな」などという意見こそが音楽の本質をわかっていない偏狭な考え方であることを指摘してきた。

 ただ、当のミュージシャンたちはこの問題にあまり積極的に触れようとはしておらず、目立ったところでは、ヒップホップのパイオニアであるいとうせいこう、ロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文が以下のような発言をしたくらいだった。

「海外では逆に政治的な意見を言えない奴はバカにされるし、それが当たり前の音楽のあり方だと思うよ。(略)音楽と政治が関係ないなんてノンキな事を言ってる場合じゃない状況になってて」(いとうせいこう「BRODY」2016年10月号/白夜書房より)
「今は思ってることをちょっと言うだけで、すぐ活動家みたいに言われちゃうけど、そうじゃないだろうと。そういうのはフツーに言おうぜって」(後藤正文「ミュージック・マガジン」16年8月号)

 そんな中、「音楽に政治を持ち込むな」の論調にはっきり異議を申し立てるミュージシャンが現れた。その人物は、Kダブシャイン。Zeebra、DJ OASISとともにラップグループ・キングギドラで1995年にデビュー。「日本語によるヒップホップで韻を踏む」という現在では当たり前となっているメソッドを最初に確立した人物であり、格差問題やメディアタブーなどをテーマにした社会性の強い楽曲を多く発表していることでも知られている。

 そんなKダブシャインが「SPA!」(扶桑社)の上杉隆連載「革命前夜のトリスタたち」に登場。批判を恐れて口をつぐんでしまうミュージシャンたちを批判している。

「アメリカのMTVを観て育ったので、アーティストが表現の自由を大切にし、権力への反発や束縛からの解放を当然のこととしているのを知り、感化された。でも、今の日本のアーティストは自主規制を当然と考え、事なかれ主義……。本来、音楽はもっと反抗的であって然るべきなんですよ」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

Kダブシャインが批判を恐れ口をつぐむ日本の音楽状況を批判!「今のアーティストは自主規制を当然と考えている」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Kダブシャイン上杉隆奥田愛基後藤正文新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
3 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
4 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
8 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
9 高プロ法案の強行採決を許すな!
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
14安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?