山口組分裂から1年、組員アンケートで分かった暴力団の窮状…「もうヤクザでは食えない」の声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
post_160909_top.jpg
「週刊ポスト」(小学館)2016年9月16日・23日号

 今月5日、六代目山口組の司忍組長が山口組総本部で開かれる定例会に出席するためJR新神戸駅に到着すると、対立する神戸山口組の組員らが大声をあげ警察官と小競り合いを起こすトラブルが発生。神戸山口組系組員らは司忍組長に向かって「サインください」と挑発したとのことで、多くのメディアで大々的に報じられた。

 発生してから1年が過ぎたが、いまだ収束のメドはたっていない山口組分裂騒動。そんな状況下、「週刊ポスト」(小学館)2016年9月16日・23日号に興味深い記事が掲載された。「現役ヤクザ100人世論調査「山口組分裂から1年、あなたのシノギは?」」と題されたこの企画は、100人の現役ヤクザ(そのうち47人が山口組関係者)に、山口組分裂による影響や、今後のシノギについてアンケートを行い、赤裸々な回答を引き出している。

 まずは気になる「山口組の分裂騒動はしばらく続くと思いますか?」という質問から。これに対しては、「はい」が85人、「いいえ」が7人、「どちらともいえない」が7人、「ノーコメント」が1人という結果になっている。

 1年前にこの山口組分裂騒動が起きた当初は、普段、暴力団関係の記事を扱わない一般メディアが「山一抗争の再来か!?」などと煽り立てる一方、ヤクザ報道に詳しい実話系週刊誌は一貫して山一抗争のときのような血で血を洗う戦争にはならないだろうと予測していた。というのも、暴力団対策法(暴対法)などの影響で現在のヤクザはもうかつてのような抗争をすることはなくなっているからだ。ジャーナリストの溝口敦氏は著書『暴力団』(新潮社)のなかで、こんな象徴的なエピソードも紹介している。

〈兵庫県下の繁華街で、山口組系の組員二人が客引きの若い男たち五人に囲まれ、ぼこぼこに殴られたことがあります。組員二人は組事務所に取って返し、包丁や金属バット、ヌンチャクなどを持って客引きに復讐しようと飛び出したところ、組の上層部に引き留められたそうです。
「絶対やるな。殴られたら殴られ放しで帰ってこい。それで正解だ。仕返しして、もし親分が謹慎など、上から処分を受けてもいいのか」
 組員二人は歯がみをして悔しがり、「仕返しできんようなヤクザなら、ヤクザやってる価値なんかあらへん」と親分にもらった盃を叩き割って、組を出てしまったそうです〉

 ただ、この1年間なんの暴力もなく平和が続いているかといえば、そんなことはまったくない。周知の通り、対立抗争が原因とされる殺人事件も発生しており、今年5月にはいったん和解交渉につきそうだとも報じられたが、結局はそれも決裂してしまっている。今後、この分裂騒動がどうなっていくのか? 「週刊ポスト」のアンケートに答えた組員はこのように語っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

山口組分裂から1年、組員アンケートで分かった暴力団の窮状…「もうヤクザでは食えない」の声ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。井川健二山口組暴力団週刊ポストの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20 財務次官セクハラが海外メディアでも