>  >  > 都知事候補・石田純一が受けた圧力

都知事候補に浮上した石田純一、安保法に反対し“圧力”を受けるも怯まず「戦争反対」と声を上げ続けた勇気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ishida_150917_top_new.jpg
石田純一オフィシャルブログ


 民主党の蓮舫氏、櫻井翔の父親・桜井俊氏など有力候補の固辞で、いまだ混沌とした状態にある都知事選。ここに来て、タレントの石田純一の名前が浮上している。

 7日夜、石田本人もマスコミの取材に応じ、「まだ出馬は決めてはいないが、気持ちはある」「(出馬するなら)戦争をしないことを大前提として子育て支援が大事なことを訴えたい」と、真剣に検討していることを明かした。

 6日のフジテレビ『直撃LIVEグッディ!』で報じられた際は、キャスターの安藤優子や田崎史郎時事通信特別解説委員らは小バカにしていた。

 しかし石田純一といえば、本サイトでも繰り返し報じているが、昨年夏の安保法に反対の声をあげたことも記憶に新しい。日本を“戦争ができる国”に変えてしまう安保法には多くの芸能人たちが声をあげていたが、強行採決の夜、国会前デモに“セーター肩掛け、素足”というトレードマークの姿で駆けつけ、「戦争は文化ではありません」と壇上でスピーチをした石田は、非常にインパクトがあった。

 しかも、石田がスゴかったのは、そのあとだ。

 石田の“政治的な言動”に対し、様々な圧力がなされる。テレビ番組を3つ、CMがひとつキャンセルされ、さらに広告代理店を通して数社から「デモに行くな」「メディアの前で政治的発言をするな」と厳重注意されるなど、様々な圧力を受けたことを石田は自ら明かした。

 一度は声をあげたとしても、こうしたスポンサーの圧力やネトウヨの嫌がらせを前に、思いに反し口をつぐませられてしまう芸能人がほとんどだ。しかし石田はそれにひるむことなはなかった。
 
「でも、世の中のためになることをやりたいと思っているので、“それ(デモに行くな、政治的発言をするなとの厳重注意)は受けられない”って回答しました」

 ときっぱり宣言したのだ。実際、その言葉通り、石田はそれ以降も継続してSEALDsのデモなどに参加し、「戦争反対」「憲法を守れ」と声をあげ続けてきた。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
2 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
3 読売・清水アナが維新から市長選出馬?
4 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
5 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
6 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
7 空中分解KAT-TUNの暴露本が出版
8 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
9 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
10 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
11 吹石一恵の音痴エピソード
12 キムタク最大のタブーとは?
13 川島なお美が近藤誠の診断を告発
14 公安庁が沖縄めぐりネトウヨ並み報告書
15 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
16 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
17 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
18 トランプ以前から米は日本を守る気ない
19 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
20 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4トランプのマスコミ排除は日本でも
6アパホテルのトンデモ極右思想の正体
7デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
8原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
9安倍政権が“国策映画”計画へ
10今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
11SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
12DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
13メリルストリープの指摘は日本のことだ
14慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
16アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
17政権が原発被害隠しにDASH村利用
18佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
19片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」