ファンキー加藤がW不倫発覚後、初の雑誌対談で騒動に言及…でも相手の大沢在昌から「反省したじゃねーよ」と公開説教

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
funkykatou_160607_top.jpg
ファンキー加藤オフィシャルブログより


 アンタッチャブル柴田英嗣の元妻とのW不倫騒動を起こしたファンキー加藤。謝罪会見のあと、京セラドームで行われたオリックス対中日戦の始球式と、主演映画『サブイボマスク』の舞台挨拶などで公開謝罪を繰り返すものの騒動について多くを語ることはなかったが、雑誌の対談に登場して騒動について口にした。

 その対談相手は、なぜか『新宿鮫』シリーズでおなじみのハードボイルド作家・大沢在昌。今週月曜6月27日に発売された、「週刊プレイボーイ」2016年7月11日号(集英社)にその模様が掲載されている。

 いったいファンキー加藤は、大沢在昌とどんな言葉を交わすのか、さっそく読んでみたところ、対談は謝罪会見のわずか10日後、6月17日に行われたらしい。記事はまず、騒動の渦中での取材になったことを詫びるファンキー加藤の言葉から始まる。

「このタイミングで対談を受けていただき、本当にありがとうございます」
 
 すると、大沢はいかにも“懐の深いアニキ”といった態度を見せつけるようにこう返した。

「もしかしたら、この話も飛んじゃうんじゃないかと思ったんだけどね。こうしてオレの前に堂々と出てきたということだけで、あなたと対談する意味はあると思うよ」

 優しい先輩のフォローに「いや、それは……」と恐縮して口ごもる加藤。その後、しばらくはファンキー加藤がインタビュアーとなり、ハードボイルド作家・北方謙三とのライバル関係や、11年間まったく売れずにくすぶっていた時代の話の思い出話など、大沢の“オトコ自慢”が続き、このまま何もなく終わるのかと思いきや、対談終了間際、ファンキー加藤がこんな質問をしたことで、場は一転する。

「大沢さんが考えるいい男、本物の男って、どんな男ですか」

 この質問を聞くやいなや、大沢は待ってましたとばかりに、不倫話を蒸し返し、フォローのような説教のような「オトコ論」を熱く語り出すのだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ファンキー加藤がW不倫発覚後、初の雑誌対談で騒動に言及…でも相手の大沢在昌から「反省したじゃねーよ」と公開説教のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
8 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評