松本人志が新潮に書かれた「16億円土地転がし」を『ワイドナショー』で否定するも説得力なし! 露呈した保守化の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
matsumoto_01_140827.jpg
フジテレビ『ワイドナショー』番組ページより


 番組あげて“土地転がし”報道否定ショーをやろうということだったらしい。6月19日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)。いきなり松本人志のこんなツイートの紹介から始まった。

〈数年前に買った土地を最近売った。。。
週刊新潮の記者が来てフラッシュをバンバン焚かれ、いくらで売れたんですか!ひつこく聞かれた。そんな個人情報を?記事にするの?どうした?新潮。〉

 そして、画面がスタジオに切り替わると、本人がこうまくしたて始めた。

「いやっ、だから僕ホント怒ってないんですよ? 全然怒ってるんじゃないんですけど。土地を売ったんですよ。それだけのことなんですよ。それだけのこと。大阪のNGK(なんばグランド花月)のイベントが終わって、後輩たちと打ち上げ行こうか言うて車乗って、打ち上げの店の前で車止まって、降りたら、もういきなりパシャパシャパシャパシャ! 『土地売ったんですか!?』『いくらで売れたんすか!?』『いくら儲かったんですか!?』……いやいやいや、こんなんネタになる? 記事になるの?ってことなんですよ」
「もっと面白くね、『文春』に負けへんぐらいのネタをね、持ってきてくれよ」
「金額全部ウソやからね!! このまま(土地を)持ってたら損するから売っただけなんですよ! それを金額をすごく上げて、土地転がし感を出す!」

 なんのことかよくわからない読者のために、経緯を説明しよう。松本が必死で否定していたのは、「週刊新潮」(6月23日号)に掲載された「8億円の土地転売で『ダウンタウン松本』の譲渡損益」と題された記事。

 記事によれば、松本は2010年8月10日、JR新橋駅から徒歩3分、烏森神社のさらに西にある都心の一等地を購入していた。広さは261.08平方メートル。当時、リーマンショックの後で、比較的地価が下がっており、購入価格は8億円、しかも抵当権なども設定されておらずキャッシュだったと推定される。松本はその土地を、今年になって購入額の倍である推定16億円で売却。8億円の売却益を得たというのだ。

 おそらく、松本はこの記事に対して、「金額は真っ赤な嘘で、おれはそんな儲けていない」と否定したうえ、「ただ土地を売っただけなのに、どうして記事にするのか」と批判したかったのだろう。しかし、それをマジでやってしまうと、もっと格好悪いことになるので、番組を使って、ギャグ仕立てにした。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

松本人志が新潮に書かれた「16億円土地転がし」を『ワイドナショー』で否定するも説得力なし! 露呈した保守化の理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ワイドナショー松本人志税金野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画