>  >  > 『とと姉ちゃん』戦争反対の思い

NHKは『とと姉ちゃん』のモデル・大橋鎭子の戦争反対の思いを描くことができるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
totoneechan_01_160507.jpg
NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』番組サイトより


 4月からスタートしたNHK連続ドラマ小説『とと姉ちゃん』が絶好調だ。視聴率はスタートから20%台をキープし、最高24.6%をマーク(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。平均視聴率23.5%を記録した前作『あさが来た』超えも期待されている。

 このドラマの主人公・小橋常子のモデルとなっているのは、戦後、雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎭子氏。「暮しの手帖」といえば伝説の編集長・花森安治氏(ドラマでは唐沢寿明が演じる)が有名だが、女性に向けた生活雑誌をつくろうと最初に提案したのは、この大橋氏だった。

『とと姉ちゃん』でも描かれているように、大橋氏は早くに父を亡くし、それからは母と2人の妹との生活を守るために奮闘。親交のあった作家・柴田錬三郎はそんな大橋氏のことを〈仕事はもちろん、日常茶飯事にこれほど重宝な人間は、またとあるまいと、おもわれるオール・マイテイの女だつた〉と評している。

 ファッションページでは自らモデルをつとめ、着物から直線裁ちでつくることができる普段着を提案。「誰にでも必ず出来る」料理記事や、「暮しの手帖」の代名詞ともいえる消費者目線の「商品テスト」企画、そして戦後、市井の人びとの生活に寄り添う雑誌をつくってきた大橋氏。じつは、この雑誌の誕生には、花森氏と大橋氏の確固たる思いがあった。

 それは、「戦争に反対しなくてはいけない」というものだ。

 まず、大橋氏が女性のための出版物を、というアイデアをもったのは、終戦直前のことだった。

〈戦時中の青春期、彼女は防空壕に身を潜め、平和な時代が訪れたなら、何をして生きようかと考えました。男の人に使われる仕事では、家族みんなを養えない。わたしは自分で事業を起こして、家族を幸せにしよう。そうだ、女性のために、暮らしの知恵が詰まった本を作るのはどうだろう〉(暮しの手帖社『暮しの手帖別冊 しずこさん』より。以下同)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
2 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
3 読売・清水アナが維新から市長選出馬?
4 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
5 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
6 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
7 空中分解KAT-TUNの暴露本が出版
8 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
9 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
10 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
11 吹石一恵の音痴エピソード
12 キムタク最大のタブーとは?
13 川島なお美が近藤誠の診断を告発
14 公安庁が沖縄めぐりネトウヨ並み報告書
15 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
16 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
17 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
18 トランプ以前から米は日本を守る気ない
19 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
20 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4トランプのマスコミ排除は日本でも
6アパホテルのトンデモ極右思想の正体
7デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
8原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
9安倍政権が“国策映画”計画へ
10今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
11SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
12DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
13メリルストリープの指摘は日本のことだ
14慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
16アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
17政権が原発被害隠しにDASH村利用
18佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
19片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」