>  >  > 安倍自民党が北海道補選に地震を利用

ゲスい! 安倍首相が選挙対策で直前に視察&激甚災害指定! 北海道では自民党が熊本地震を選挙広告に利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abe_01_160423.jpg
熊本大地震後はじめて現地視察に訪れた安倍首相(YouTube「ANNnewsCH」より)


 安倍首相が被災地で避難生活を強いられているお年寄りに言い放った一言に、しばし呆然としてしまった。

「地震が続くから心配でしょうけど、しっかり応援してますから」

 本日4月23日、一連の熊本大地震のなか、安倍首相は初めて被災地を視察訪問。午前9時すぎに現地に到着した安倍首相は、まず被害の大きい熊本県益城町や南阿蘇村をヘリで上空から視察し、自衛隊や警察・消防などを回って「激励」したあと、ようやく被災地の避難所を訪問したのだが、そこで被災者にかけた言葉が、冒頭に挙げた「応援してますから」だった。

 九州地方で前例がないほどの大震災のなか、国が全身全霊をもって被災者の命や生活を守らねばならないのは言うまでもない。ところが、安倍首相の「応援していきますから」との言葉からにじみ出ているのは、完全に“他人事”のような響きだ。

 だが、安倍首相の被災地に対する“他人事”感覚は、ある意味これまでの安倍政権の震災対応の遅鈍さを考えれば、当たり前なのかもしれない。この人の頭の中にあるのは被災地の支援復興ではなく、自分の政権をどう磐石にするかだからだ。

 事実、今回の現地視察は、今月14日に最初の大きな地震発生から実に9日も経過してのこと。本サイトで既報のとおり、政府は当初、自衛隊も2000人の派遣しか行なわず、16日になってようやく増派を決定。さらに「官邸での地震対応に集中したい」などとして16日の視察を取りやめた一方で、週明けには国会でのTPP審議を強引に進めようとした。

 そして何より、安倍政権の「激甚災害指定」の遅さは異常の一言だった。熊本県では、15日の段階で蒲島郁夫県知事が「激甚災害の早期指定」を求めていたが、安倍首相はこれを一週間以上無視したあげく、今日になってやっと、週明け25日(月曜日)に激甚災害指定を閣議決定することを表明したのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
2 国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
3 石原慎太郎を増長させたメディアの責任
4 読売・清水アナが維新から市長選出馬?
5 金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
6 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
7 安倍が「云々」を「でんでん」と読み恥
8 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
9 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
10 宮根が能年玲奈を「ルール違反」と攻撃
11 故・松田優作の在日差別への恐れ
12 共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
13 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
14 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
15 新海誠に川村元気が「気持ち悪いです」
16 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
17 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
18 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
19 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
20 豊洲問題で石原慎太郎が言い訳手記!
PR
PR
1「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
2安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
3保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
4「おしどりマコ」の原発取材
5稲田が憲法違反隠すため嘘ついたと白状
6国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
7共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
8安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
9安倍はトランプにFTAを要求されてた
10稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
11山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
12安倍とトランプが反マスコミで意気投合
13南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
14室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
15ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
16国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
17米山新潟知事が語った共謀罪と原発
18安倍もうひとりの祖父の物語
19厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
20アパ代表「ユダヤ陰謀論」
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」