西内まりや、長澤まさみ、紗栄子、菜々緒…震災への思いを綴る芸能人を炎上させるネット民の悪質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shinsaienjou_160419.jpg
左・井上晴美 ブログ「vida simple」/中・SAEKO OFFICIAL WEBSITE/右・「西内まりやオフィシャルブログ「Mariya Mania Room」Powered by Ameba」より


 いまだ震度5以上の余震が続き予断を許さない状況の熊本を中心とした大規模地震。支援物資が避難所に届かないなど、心配な状況が次々と報道されているわけだが、そんななか、SNSやブログを通じて被災地にメッセージを送った芸能人が次々と炎上する騒ぎが続発している。

 その顕著な例が、自身も実際に被災している女優の井上晴美だ。彼女は現在、故郷の熊本県に住んでいるのだが、地震によって住居が全壊してしまったことをブログで明かしている。その後も、テント暮らしを余儀なくされている苦しい避難生活の様子などを生々しく綴り続けていたのだが、それに対し〈愚痴りたいのはお前だけじゃない〉などと心ない言葉をぶつけるネットユーザーがいた。

 その結果、18日には〈ここblogで書いてることが私がよくないとかわかりませんが ネットで悪くかかれてるとか一切見てませんが聞こえてました ただ私が感じてること書いてることがなぜそんな風になるのかよくわかりません残念です これで発信やめます これ以上の辛さは今はごめんなさい〉と投稿。それ以降、ブログの更新は途絶えてしまっている。

 他にも善意の投稿にも関わらず炎上騒動に巻き込まれた芸能人はたくさんいる。モデルや歌手や女優として活動する西内まりやは、福岡県出身ということもあり、地震発生直後から被災した人たちを励ますコメントをTwitterに投稿していた。15日深夜の地震発生時には、津波注意報の出た地域の従兄弟が避難していることも明かすなどしていたのだが、それに対し、〈偽善者〉といったコメントが殺到。その結果、〈今の状況で私が発する言葉、行動によって不快な気持ちにさせてしまっている方々ごめんなさい。私なりに、1人でも多くの方と共有したい。見守ってるよ。という気持ちで更新させてもらっています。〉と弁明せざるを得ない状況に追いやられた。

 モデルの菜々緒はInstagramに〈今なにもできなくても、どんな形でも、いつか力になれますように。〉〈下を見ている人は前を。前を見ている人は上を。上を見ている人は未来を。〉とのコメントを投稿。少しでも被災者を元気づけようとしていたが、そのコメントのついていた写真がモード系ファッション誌の撮影で撮られたセクシーな写真であったため、コメント欄には非難の声が多く書き込まれた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

西内まりや、長澤まさみ、紗栄子、菜々緒…震災への思いを綴る芸能人を炎上させるネット民の悪質のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹震災の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
17 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画