「正論」愛読“保守女子”の推しは小籔千豊とつるの剛士!「向井理と五郎丸に靖国参拝してほしい」願望も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tsurunokoyabu_160406.jpg
左「つるの剛士オフィシャルサイト」/右・吉本興業株式会社芸人プロフィールより


 本体の新聞同様に、ヘイト満載の常軌を逸した記事で定評のあるタカ派論壇誌「正論」(産経新聞社)。先日も同誌が主催する「正論」大賞の贈呈式に安倍首相がわざわざ出席し挨拶まで披露、「あなたの言う『公平中立』って一体何なんだよ!」とツッコまれたばかりだが、そんな安倍首相が偏向するほど大好きな「正論」に、あのトチ狂った企画が再び掲載された。

「トチ狂った企画」とは、「正論」3月号の『第1回せいろん女子会 気づいていますか? あなたが「保守オヤジ」です』。自称・保守女子4名による座談会で、そこで飛び出したのは“上から目線、気に入らない人にはすぐ「在日」と言って喜ぶ、服がダサい、話が長い、知識を押し付ける、態度が非常識、女に偏見もちすぎ”という保守オヤジたちへの痛烈すぎる批判の数々だったのだ。

 本サイトが同企画を取り上げると、「なにこの自虐……」「ついに狂ったか?」という反響とともに、頭のネジが抜けたとしか思えない「正論」編集部を心配する声が届いたが、「正論」編集部は久々に記事が話題になったことに気を良くしたのか、4月号でもこの恐怖の女子会を開いてしまったのである。しかも、『出でよ、「おめざ女子」』というさっぱり意味のわからないタイトルで。

 まず、座談会出席者の保守女子(といっても前回同様、出席者は萌えっぽいイラストで顔写真などはなし)は、「友達のほとんどは、そもそも『正論』という月刊誌があることも知らない。『正論』などの保守系論壇は、若い女性たちに相手にされていない、というのも現実です」と嘆く。そして司会者が「そういう若い女性の皆さんに手にとってもらえるようになるためにはどうしたらいいのか」と教えを請うのだ。

 いや、そりゃあ表紙に「君は支那事変を知っているか」などというおどろおどろしいタイトルと劇画調マンガをデカデカと載っけていたら、ドン引きして書店でもその場をそそくさと立ち去るだろう。だが、そこは「正論」読者の保守女子。「私も、メディアのおかしな報道や、中国や韓国が世界中にばらまいている歴史の嘘、日本の安全がおかしくなってる状況に、ようやく気づいた、という感じです。もっと勉強したい、これまで間違って信じ込まされていたことが本当はどうなのか知りたい、と思ってる」と力説する。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「正論」愛読“保守女子”の推しは小籔千豊とつるの剛士!「向井理と五郎丸に靖国参拝してほしい」願望ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。○○女子つるの剛士ネトウヨ中年向井理大方 草小籔千豊の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
8 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評