●テレビ局員匿名座談会!「ジャニーズのテレビ支配の実態を語ろう」(後)

日テレの嵐推しとSMAP潰し、メリー氏の言いなりNHK、そしてテレビ局幹部が受けたジャニーズのハワイ接待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
SMAP_new_160303_top.jpg
ジャニーズ事務所の派閥問題がおよぼすテレビ局人事や編成への影響は民放のみならずNHKにまで波及していた


A/バラエティ番組プロデューサー B/ドラマディレクター C/ワイドショー芸能デスク D/編成局中堅幹部 
(発言については、座談会参加者が特定されるのを避けるため、一部を客観的な言い回しに変えています)

●飯島マネ追放で高笑い! 日テレSMAP潰しの首謀者とは

──前編では、フジテレビ、TBSのジャニーズ支配について語ってもらいました。その最中に『SMAP×SMAP』(フジテレビ)の黒木彰一チーフプロデューサーの更迭情報が飛び込んでくるなど、番組や人事までがジャニーズの派閥対立に左右されている実態が明らかになったわけですが、後編では他のテレビ局についてもつっこんだ話を聞かせてください。まずは、日本テレビから。

A 日テレは全く影響がない。というか、むしろSMAP解散危機と飯島さん追放に高笑いだったんじゃないの。

B そうだろうね。とにかく日テレは露骨なまでのJ1偏重、ジュリー派だから。現在、放映中の亀梨和也主演『怪盗 山猫』もそうだけど、土曜夜9時のドラマはジュリー枠といわれるくらいJ1のタレントが起用されているし、バラエティ、情報番組も嵐の『嵐にしやがれ』、TOKIOの『ザ!鉄腕!DASH!!』を筆頭に、『ZIP!』(TOKIO・山口達也)、『月曜から夜更かし』(関ジャニ∞・村上信五)、『ヒルナンデス!』(関ジャニ∞・横山裕、村上信五、Hey! Say! JUMP・八乙女光、有岡大貴)、『スクール革命!』(Hey! Say! JUMP・山田涼介、知念侑李、八乙女光)と、ジュリー派だらけ。

C その傾向はニュースやスポーツ番組にも広がっていますよね。嵐の櫻井翔が『NEWS ZERO』でキャスターを務めているのを筆頭に、『news every.』 (NEWS・小山慶一郎)、『シューイチ』(KAT-TUN・中丸雄一)……。あと、日テレの看板『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』も、2008年以降、ずっと、ジュリー派のジャニーズタレントがメインパーソナリティを務めているでしょう。昨年の『24時間テレビ』なんて、V6とHey! Say! JUMPという、数字の取れないグループをセットで起用させられていたし。

──日テレのこの異常なまでのジュリー派偏重ってなぜなんですか?

D やっぱり、きっかけは嵐だよね。日テレが最初に嵐に番組をもたせたのは、2001年とかなり早い時期だったんだけど、その嵐が2004年頃にブレイク。以降、フジのSMAPに対抗できる存在をつくれ、と嵐を前面に立て始めた。その過程でジュリー氏とどんどん関係が深くなって、バーターで他のジュリー派のタレントを押し付けられるようになったということだろう。

C たしかに、嵐は局をあげて売り出したという感じでしたよね。まだブレイクしかけの2004年に早くも『24時間テレビ』のメインパーソナリティに据え、2006年には、櫻井翔を局のメインのニュース番組キャスターに抜擢したわけですから。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

日テレの嵐推しとSMAP潰し、メリー氏の言いなりNHK、そしてテレビ局幹部が受けたジャニーズのハワイ接待のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ日本テレビ編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画