『ダメな私に恋してください』が好調な最強“肉食女子”深田恭子! 何人とつきあっても汚れない強度を見習え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
damekoi_160223.jpg
TBS『ダメな私に恋してください』番組サイトより


 深田恭子主演のドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)が話題だ。金なし、彼氏なしのアラサー女子の恋を描いたコメディタッチなドラマである本作。その深キョンが「10代20代の頃より今の方が可愛い」と噂を呼び、先日放送された第6話では、ついに番組最高視聴率となる10.1%を記録。脇を固める、ディーン・フジオカ、三浦翔平とのやり取りも人気を博し、三浦演じる最上大地が、深田演じる柴田ミチコにプロポーズしたシーンが放送されると、Twitterでは「ダメ恋」「三浦翔平」「最上」といったワードが一気にトレンド入りした。

 このドラマの躍進の秘密は、なんといっても、アイドル女優だったかつてではなく、むしろ33歳の今の方がキャリア史上ピークの「可愛さ」を誇る深田恭子の魅力にあるわけだが、そんな深田は実は芸能界随一の「肉食系女子」としても知られている。しかし、『ダメな私に恋してください』でのぶりっ子演技に不自然さはなく、彼女に「スキャンダル女優」としてのイメージはほとんどないだろう。

 華々しい男遍歴を報じられながらも、深田恭子がスキャンダラスなオーラをまとわずに芸能界を泳ぎ続けてこられたのはなぜなのか? それは、彼女の中に、一見ふわっとした印象からは想像もできないほど確固とした「芯」があるからだ。

 どんなにゴシップにまみれても彼女が汚れることはなかった、その秘訣である心の「芯」とはいったいどのようなものなのか。当サイトで以前検証した記事を再録するので、是非とも読んでみてほしい。
(編集部)

********************

 芸能界最強の肉食女子は誰?と聞かれたら、みなさんはどう答えるだろう。人妻になってもなお佐藤健とお泊りデートをしてしまう広末涼子か、はたまたネット上で“ビッチ”の称号を与えられている長澤まさみか。

 いやいや。この2人なんて足下にも及ばない超肉食女優がいる。それは深キョン、深田恭子だ。1996年、14歳でデビューしてもうすぐ32歳になる深キョンだが、とにかく噂になった相手がスゴい数なのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Down to earth 深田恭子写真集

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『ダメな私に恋してください』が好調な最強“肉食女子”深田恭子! 何人とつきあっても汚れない強度を見習えのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部肉食女子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも