朝ドラ“五代様”でブレイクのディーン・フジオカが「日本の女性は酒を注がされて大変」「もっと自由に」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
deanfujioka_01_160222.jpg
DEAN FUJIOKA Official Siteより


 NHKの連続テレビ小説『あさが来た』で大ブレイクを果たした“五代様”ことディーン・フジオカ。現在、放送中の『ダメな私に恋してください』(TBS)では深田恭子を相手にドS上司を演じ、先週末からは主演映画『NINJA THE MONSTER』が期間限定で公開。さらにNHKもこのディーン人気に乗り、本日22日放送回ですでに死んだ五代を“復活出演”させるという。

 彗星のごとく現れ、一躍イケメン俳優へと駆け上がったディーンだが、当の本人は日本の芸能界に“違和感”を感じているようだ。

「日本は、ものすごく閉じた印象があって」「日本だけは、芸能界の扉が固いなぁと」

 ディーンがそう語っているのは、「FRaU」(講談社)2016年2月号でのインタビューでのこと。ご存じの方も多いと思うが、ディーンは香港、台湾、インドネシアでキャリアを積んできた俳優。いわく、「香港や台湾で映画に出演すると、その作品はわりと中華圏全体で公開されるんですね。香港の作品なら、オーストラリアでも流されたりしますし。そこからオファーもいろいろな国からいただけるようになる」。しかし、日本だけは国内で消費されて終わってしまう。だから、「芸能界の扉が固い」と感じているらしいのだ。

 実際、ディーンのこれまでのキャリアは、アジアを股にかける幅広いものだ。そもそも彼は、日本人の両親のもと、福島県に生まれ育った日本人(ちなみに実妹はチェキッ娘メンバーの元アイドルである)。そんなディーンが世界に踏み出したきっかけは、アメリカへの大学進学。シアトルの大学に進んだ彼は、その動機をこう語っている。

「アメリカに行って自由になりたかったんです。誰かに雇われるんじゃなくて、自由に何かをしたい、と」(同前)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

朝ドラ“五代様”でブレイクのディーン・フジオカが「日本の女性は酒を注がされて大変」「もっと自由に」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。イケメン大方 草朝ドラの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃