新年特別企画 

安倍のインチキ、閣僚のパンツ泥棒、体罰奨励…リテラの2015人気記事ランキング 政界・政治家追及編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
2015seijirank_01_160102.jpg

 謹賀新年。今年もリテラは、新聞、テレビや他のニュースサイトが報道できない話題をどんどん取り上げていくつもりだが、その決意を新たにするため、今一度、2015年を振り帰っておきたい。
 ということで、昨年に続いてリテラの人気記事ランキングを掲載したい。今年は4つのジャンルで2015年の1年間に人気を博した記事をピックアップ。紹介していこうと思う。
 その第1回目は「政界・政治家追及編」。昨年ほど横暴な政治家が跋扈した年はなかったが、マスコミの追及は甘く、結果的にリテラが真っ先に疑惑をスクープしたこともあった。
 1位から順番に発表していくので、ぜひ、昨年の政界のひどさを思い出していただきたい。

★1位 安倍首相が山本太郎に安保法制のインチキを暴かれた! 政府はやっぱり国民の生命を守る気なんてなかった!

 栄えある第1位に輝いたのは、安保法制の国会論戦中、政府の嘘と欺瞞が暴かれた瞬間だ。安倍首相は審議のなかで野党の追及をのらりくらりとかわし続けたが、そんななか、参院特別委では“意外な人物”が安倍を追い詰めた。あの山本太郎議員だ。山本は安倍に対して、他国の弾道ミサイルによる国内原発への武力攻撃と、その場合の放射能被害の想定について質問。安倍は誤魔化してまともに答えなかったが、代わった原子力規制委員会の田中俊一委員長の答弁は驚くべきものだった──。大手マスコミがほとんど報じなかったその詳細なやりとりを、以下のリンク先からぜひご一読いただきたい。「安保法制は国民の命を守るため」という首相が、どれだけインチキ野郎であるかがわかるはずだ。
http://lite-ra.com/2015/07/post-1336.html


★2位 安倍の目的はやはり対中戦争だった! 強行採決前「南シナで日本人が命をかける」と発言

「安保法制は、南シナ海の中国が相手なの。だから、やると言ったらやる」。記者とのオフレコ懇談会で、そう言ってのけたという安倍首相。集団的自衛権の主なパートナーであるアメリカが、中国との戦争を望んでいないことは専門家のなかでは常識。しかしこの日本の首相ときたらどうやら本気で戦争がしたいらしい。本サイトは、過去に安倍が雑誌の対談でこう鼻息を荒くしていたのを発見。「まず日本人が命をかけなければ、若い米軍の兵士の命もかけてくれません」。はたして今年3月、ついに安保法制が施行される。本当に私たちの命をこの“暴走宰相”に預けておいてよいのだろうか。
http://lite-ra.com/2015/07/post-1288.html


★3位 7年前、橋下徹に恫喝されたあの“女子高生”が声をあげた! 橋下が放った冷酷な言葉、そして今、大阪に起きていること

 昨年、「大阪都構想」を巡る住民投票に敗れ、政界から引退した橋下徹前大阪市長。だが記者会見の様子を見る限り、この人は今後も政界に影響を及ぼし続けるだろう。本サイトは昨年11月の府知事・市長ダブル選直前に、ひとりの女性のインタビューを掲載した。彼女は2008年10月、私学助成予算の大幅な削減を打ち出した橋下と面会し、計画撤回を訴え、そして「自己責任」「嫌なら日本から出て行くしかない」と一蹴されたあの“女子高生”だ。彼女が当時を振り返りながら語るのは、橋下の冷徹な人間性と、教育現場の破壊という現実。今後、橋下が国政に進出したらどうなるかを考えるためにも、今一度、彼女の声に耳を傾けてもらいたい。
http://lite-ra.com/2015/11/post-1702.html


★4位 生徒を4時間監禁、竹刀が折れるまで…新文科相の馳浩と副大臣の義家弘介が教師時代の体罰自慢対談

 昨年10月に発足した第三次安倍改造内閣。しかし、組閣直後から新閣僚のスキャンダルが続々と判明した。そのひとつが、本サイトが報じた馳浩文科相と義家弘介文科副大臣の“体罰自慢発言”だ。ともに元教員である馳と義家は、過去に雑誌の対談で生徒への壮絶な体罰経験を告白し、しかもこれを肯定さえしていたのである。この本サイトの記事は、記者会見でも話題にあがり、馳は釈明に追われたが、いまでも馳と義家の“暴力教師タッグ”はいけしゃあしゃあと文科行政のツートップに居座っている。以下のリンク先で彼らの本性ご確認いただきたい。
http://lite-ra.com/2015/10/post-1569.html


★5位 「安倍さんは嘘つき」元家族会の蓮池透氏が拉致問題で安倍首相がついた真っ赤な嘘と政治利用の手口を全暴露

 安倍晋三という政治家を一躍有名にしたのは、言わずもがな小泉政権時の北朝鮮による拉致被害問題への取り組み。だが、安倍がこれまでアピールしてきた数々の“武勇伝”はウソだらけ──。そう告発したのは、拉致被害者である蓮池薫氏の兄・蓮池透氏その人である。あるパーティで壇上に上がった蓮池氏は「安倍さんはウソつき」とつぶやき、「拉致問題を利用して、総理大臣になった」と言い放った。元「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」副代表の口から次々と暴露される安倍のデマとウソ。“拉致問題のヒーロー”という虚像……。続きは以下のリンク先で。
http://lite-ra.com/2015/12/post-1776.html

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

安倍のインチキ、閣僚のパンツ泥棒、体罰奨励…リテラの2015人気記事ランキング 政界・政治家追及編のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ランキング安倍晋三編集部自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
2 トランプ的どっちもどっち論横行の日本
3 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
4 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
5 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
6 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
7 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
8 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
9 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
10 幹部から新人までほとんどが商売右翼
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 ローラが所属プロと奴隷契約トラブルも
13 水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
14 寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
17 久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
18 市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
19 吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
20 ガンバ大阪「ナチス旗」問題を取材検証
1吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
2ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
3有森裕子が東京五輪の現状を批判
4 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
5菅官房長官が壊れ始めた!トンデモ会見
6加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
7森友新証拠!佐川の虚偽答弁が明らかに
8久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
9安倍改造内閣はハレンチ閣僚だらけ!
10市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
11長崎のメッセージも安倍には届かず!
12テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
13安倍応援団が発狂状態でメディア攻撃
14グアム北ミサイルは存立危機事態でない
15安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
16獣医学の重鎮が加計と安倍首相を一刀両断
17仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
18手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
19閉会中審査、小野寺防衛相も隠蔽体質
20綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」