年末特別企画 リテラの2015年振り返り

AKB、ももクロ、ハロプロ…いよいよアイドルブーム終焉か? アイドル事件簿ランキング(後編)5〜1位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akb48_151229.jpg
AKB48公式サイトより


 アイドル界の1年を振り返るこの企画。前編につづき、後編として5位から1位を発表していこう。前編では、アイドルの過酷な実態が明らかになったが、それはAKB、ももクロ、ハロプロといった人気グループとて例外ではない。アイドル界を襲った事件をさらに振り返ろう。


★5位 次々に浮上した、アイドルたちの「枕営業」疑惑

 今年5月、アイドルグループ・PASSPO☆のメンバー・槙田紗子のツイッターアカウントに突如こんなつぶやきが書き込まれ、ネットが騒然となる事件が起きた。

「メンバーみんな頭使えないし、こんなとこいるの無理だよ。それはみんなもわかるよね
ほぼ中卒だし、マトモな人間じゃないんだからさ。さこはよくここまで続けられたわ
最初から芸能なんてしなければよかった。
ブサイクばっか相手にしたし。芸能初めてから何人とエ○チしたんだよって」

 ちょうど、「体調不良」を理由に、槙田のグループからの長期離脱が決まっていた時期だけにこのツイートは憶測を呼んだが、その直後に神奈川県在住の大学生が槙田のツイッターアカウントを乗っ取ったとして出頭。7月には事務所ホームページを通じ、犯人からの謝罪文も公表されている。

 この件の「枕」疑惑に関しては濡れ衣だったようだが、それでも「アイドル」と「枕営業」の間には常に疑念がつきまとう。

 そんななか、「週刊文春」(文藝春秋)に、「枕」の存在を裏付けるような決定的な写真が掲載された。AKB48の高橋みなみの誕生日パーティーで、高橋が男性に抱きついたり、同席していた峯岸みなみが幼稚園児のコスプレ姿で男性の膝の上に座っていたりと、ハレンチなパーティーを行っている写真が掲載されたのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

AKB、ももクロ、ハロプロ…いよいよアイドルブーム終焉か? アイドル事件簿ランキング(後編)5〜1位のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48つんく♂ももいろクローバーZランキング編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
12 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画