年末特別企画 リテラの2015年振り返り

AKB、ももクロ、ハロプロ…いよいよアイドルブーム終焉か? アイドル事件簿ランキング(後編)5〜1位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akb48_151229.jpg
AKB48公式サイトより


 アイドル界の1年を振り返るこの企画。前編につづき、後編として5位から1位を発表していこう。前編では、アイドルの過酷な実態が明らかになったが、それはAKB、ももクロ、ハロプロといった人気グループとて例外ではない。アイドル界を襲った事件をさらに振り返ろう。


★5位 次々に浮上した、アイドルたちの「枕営業」疑惑

 今年5月、アイドルグループ・PASSPO☆のメンバー・槙田紗子のツイッターアカウントに突如こんなつぶやきが書き込まれ、ネットが騒然となる事件が起きた。

「メンバーみんな頭使えないし、こんなとこいるの無理だよ。それはみんなもわかるよね
ほぼ中卒だし、マトモな人間じゃないんだからさ。さこはよくここまで続けられたわ
最初から芸能なんてしなければよかった。
ブサイクばっか相手にしたし。芸能初めてから何人とエ○チしたんだよって」

 ちょうど、「体調不良」を理由に、槙田のグループからの長期離脱が決まっていた時期だけにこのツイートは憶測を呼んだが、その直後に神奈川県在住の大学生が槙田のツイッターアカウントを乗っ取ったとして出頭。7月には事務所ホームページを通じ、犯人からの謝罪文も公表されている。

 この件の「枕」疑惑に関しては濡れ衣だったようだが、それでも「アイドル」と「枕営業」の間には常に疑念がつきまとう。

 そんななか、「週刊文春」(文藝春秋)に、「枕」の存在を裏付けるような決定的な写真が掲載された。AKB48の高橋みなみの誕生日パーティーで、高橋が男性に抱きついたり、同席していた峯岸みなみが幼稚園児のコスプレ姿で男性の膝の上に座っていたりと、ハレンチなパーティーを行っている写真が掲載されたのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 稲田が自衛隊と米空母の訓練を秘密に
2 自衛隊とカールビンソン共同訓練の裏
3 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
4 オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
5 星野源が大衆ウケするようになった理由
6 「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
7 ガンバ大阪「ナチス旗」問題を取材検証
8 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
9 室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
10 安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
11 エイベックス役員がグラドルに強姦未遂
12 中川俊直不倫醜聞は自民党の体質に原因
13 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
14 シリア攻撃を支持した安倍の支離滅裂!
15 秋篠宮家の料理番がブラック告発
16 マツコが“忘れられない男”と首都高で
17 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
18 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
19 星野源の“壮絶”闘病生活
20 グッディ!土田マジギレ真の原因
PR
PR
1玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
2自民が森友追及され逆ギレ強行採決
3オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
4室井佑月が山本太郎に迫る!(前編)
5「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
6ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
7安倍が北朝鮮危機煽りつつ桜を見る会
8キノコや筍を採るだけで共謀罪
9講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
10森友国有地取引で財務省主導の証拠が
11加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
12安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
13「共謀罪」にアジカン後藤らが反対の声
14室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
15北朝鮮危機の最中に安倍はフィットネス
16 高畑勲が安倍を止められない苦悩を吐露
17有村治子議員がNHKに言いがかり
18三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ!
19昭恵夫人のサミット機密漏洩に新証拠!
20安倍政権が自衛隊の対北武器使用指針
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」