年末特別企画 リテラの2015年振り返り

AV禁止令、病みツイート、使用済み衣装を売ってお金を…アイドル事件簿ランキング(前編)10〜6位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
SKI_151229.jpg
制服向上委員会 公式ブログ Powered by LINEより


 もう終わる、もう終わると、毎年のように言われながらも、なんとかここまで続いてきたアイドルブーム。今年最も売れたシングル曲は、180万枚近く売り上げたAKB48「僕たちは戦わない」、その他もシングルチャートはアイドル関係のものばかりで、絶滅寸前と言われて久しい音楽業界は、今年もなんだかんだまだ人気のあるアイドル関連のアイテムで食いつないできた1年であった。しかし、思い返せばアイドルたちにとって2015年はそんなに良い年だったとはいえない。アイドルブームの負の側面、本格的終焉を思わせる出来事も数々起きた。今年、アイドル業界に何が起きたのかを振り返ってみたい。

★10位 元アイドリング!!!の菊地亜美が、グループ卒業後“AV禁止令”を暴露

 今年は、3月にBerryz工房が無期限活動停止、そして10月にはアイドリング!!!が全員卒業と、10年以上の長い歴史をもつアイドルグループが次々と消えてしまった年であった。

 そんななか、昨年11月までアイドリング!!!に所属していた菊地亜美が、卒業後にAV出演を禁止され、誓約書まで書かされていた事実を語り話題となった。

 しかし、菊地が話している「アイドルからAV女優へ」という転身はジョークではない。天下のAKB48グループからも、過去、中西里菜、高松恵理、米沢瑠美、成瀬理沙、鬼頭桃菜といった面々がAV女優へ転身。実は、「アイドル→AV女優」という転職コースが確立されつつあるのである。しかも、どのメンバーも、グループ在籍時より、AV女優になった後のほうが名前が売れているという状況すらある。

 来年以降、ますますこのコースをたどる人たちが増えてしまうのだろうか。


★9位 AKB48小嶋陽菜がSNSで「病み」を告白する後輩メンバーを批判!

「AKB48の後輩からのLINEとかを読むと、ビックリします。病んでるコが多いなぁって」
「今って、病んでることがおしゃれな時代なのかなと思うんです(笑)。だからなのか、「疲れた」とか、「もう無理」とか平気で書けちゃうし、みんなでコメントしたり共有し合ってて。その感覚がギリ昭の私からすると考えられないんです」
「あれもよくわからない」「過呼吸のなり方(笑)」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

潜行 地下アイドルの人に言えない生活

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

AV禁止令、病みツイート、使用済み衣装を売ってお金を…アイドル事件簿ランキング(前編)10〜6位のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48ランキング地下アイドル編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも