>  >  > 日韓合意でネトウヨが「安倍、死ね」

慰安婦日韓合意でネトウヨが「安倍、死ね」の大合唱! でも安倍の謝罪は二枚舌、歴史修正主義はさらに進行する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ianhu_151229.jpg
10億円拠出で本当に「こころからお詫びと反省の気持ちを表明」できたと思っているのだろうか(YouTube「ANNnewsCH」より)


「完全に裏切られた、騙された気分です」
「詐欺師売国アベ!日本から出ていけ!」
「国賊、安倍晋三は今すぐ死ね」
「クソ韓国の言いなりになりやがって…安倍晋三総理…あなたは、アホですか?」
「腐れ売国奴 山口県に足を踏み入れるな 最低なゴミ」
「今日の件で支持をやめました。アベ政治を許さない」……。

 28日、韓国との慰安婦問題をめぐる協議で合意に達したことが発表されるや、安倍首相のFacebookのコメント欄やtwitterはこんな激しい“安倍ディス”であふれた。おそらく安倍首相は今まで、自分の支持者であるネトウヨからこれほどの攻撃を受けたことはなかっただろう。

 しかし、今回の合意ははたして、本当にネトウヨが発狂するほどの事態なのだろうか。

 たしかに、岸田文雄外相は韓国の尹炳世外相との共同記者会見で慰安婦問題について、「軍の関与の下に女性の名誉と尊厳を傷つけた」とし、「日本の責任を痛感」と表明。安倍首相も朴槿恵大統領との電話会談で「こころからお詫びと反省の気持ちを表明」するとした。さらに韓国政府が設立する元慰安婦支援の財団に日本政府が10億円拠出することも決めた。

 その内容は一見すると、河野談話や村山談話の延長線上にあり、安倍首相のこれまでの言動からすると、意外に映る。 

 なにしろ、安倍氏は、20年前、自民党の歴史修正主義者たちの組織「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」で事務局長をつとめ、1997年4月の第7回勉強会では、“韓国は売春国家だから慰安婦になるのに抵抗はなかった”という意味の発言までしているのだ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 佐藤浩市がテレビの右傾化に危機感表明
2 成宮寛貴を追い込んだテレビ報道
3 井川遥の「出自」報道でネトウヨが
4 自民党が「政治的中立」で教員締め付け
5 長渕剛FNSのマスコミ批判にフジが
6 成宮コカイン疑惑をテレビはなぜ報道?
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 百田尚樹が映画PRから外された理由
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
11 中居と飯島マネ新事務所設立を新潮が…
12 キムタク最大のタブーとは?
13 一周忌、野坂昭如が死の当日に
14 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
15 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
16 NEWS元側近が暴露した派閥争いの実態
17 香取慎吾は引退なんて考えてなかった
18 解散直前、キムタクが嵐レーベルに
19 つんく♂「アイドルの恋愛」発言に騒然
20 つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
PR
PR
1つるの剛士が「保育園落ちた」を批判!
2年金カット強行採決で貧困高齢者が
3長渕剛FNSのマスコミ批判にフジが
4椎名林檎が“日本会議の巣窟”で講演
5自民党が女性の社会進出否定する動き
6ASKA逮捕を見せ物にした警視庁
7カジノ法案の背後に安倍とセガサミー
8一周忌、野坂昭如が死の当日に
10長渕剛が柳美里と南相馬の校歌を共作
12安倍政権と櫻井よしこがもんじゅ継続を
13カジノ法案強行でギャンブル依存症が
14維新が政党交付金の返還逃れ1億円!
15自民党が「政治的中立」で教員締め付け
16カジノ法案衆院通過!献金疑惑も
17小池百合子の本性が!韓国人学校排除
18つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
19能年玲奈への圧力の有無めぐり論争が
20井川遥の「出自」報道でネトウヨが
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」