慰安婦日韓合意でネトウヨが「安倍、死ね」の大合唱! でも安倍の謝罪は二枚舌、歴史修正主義はさらに進行する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ianhu_151229.jpg
10億円拠出で本当に「こころからお詫びと反省の気持ちを表明」できたと思っているのだろうか(YouTube「ANNnewsCH」より)


「完全に裏切られた、騙された気分です」
「詐欺師売国アベ!日本から出ていけ!」
「国賊、安倍晋三は今すぐ死ね」
「クソ韓国の言いなりになりやがって…安倍晋三総理…あなたは、アホですか?」
「腐れ売国奴 山口県に足を踏み入れるな 最低なゴミ」
「今日の件で支持をやめました。アベ政治を許さない」……。

 28日、韓国との慰安婦問題をめぐる協議で合意に達したことが発表されるや、安倍首相のFacebookのコメント欄やtwitterはこんな激しい“安倍ディス”であふれた。おそらく安倍首相は今まで、自分の支持者であるネトウヨからこれほどの攻撃を受けたことはなかっただろう。

 しかし、今回の合意ははたして、本当にネトウヨが発狂するほどの事態なのだろうか。

 たしかに、岸田文雄外相は韓国の尹炳世外相との共同記者会見で慰安婦問題について、「軍の関与の下に女性の名誉と尊厳を傷つけた」とし、「日本の責任を痛感」と表明。安倍首相も朴槿恵大統領との電話会談で「こころからお詫びと反省の気持ちを表明」するとした。さらに韓国政府が設立する元慰安婦支援の財団に日本政府が10億円拠出することも決めた。

 その内容は一見すると、河野談話や村山談話の延長線上にあり、安倍首相のこれまでの言動からすると、意外に映る。 

 なにしろ、安倍氏は、20年前、自民党の歴史修正主義者たちの組織「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」で事務局長をつとめ、1997年4月の第7回勉強会では、“韓国は売春国家だから慰安婦になるのに抵抗はなかった”という意味の発言までしているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
2 松本人志が森友問題から逃げた!
3 「小林多喜二を政治利用するな」の炎上
4 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
5 松井知事が森友認可前に私学課に圧力?
6 春樹『騎士団長殺し』の南京虐殺記述に
7 橋下後援会長の息子と籠池と元在特会
8 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
9 昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
10 籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
11 安倍が自衛隊を私兵扱い、皇軍化計画も
12 安倍100万円振込票と長女の目撃証言
13 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
14 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
15 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
16 森友学園疑惑で古市憲寿と田崎史郎が
17 迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
18 上西小百合の毒舌ツイートがすごい!
19 “第二の森友学園”関係者を最高裁判事に
20 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
PR
PR
1籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
2福島原発事故の主犯は安倍晋三だ!
3小籔千豊「教育勅語は悪くない」は無知
4福島飯舘村からの悲痛な叫びを報ステが
5安倍の南スーダンPKO撤収の姑息な裏
6安倍首相の3.11会見打ち切りの冷酷
7籠池理事長が「安倍首相から100万円」
8籠池理事長の豹変の裏に官邸からの圧力
9籠池理事長が稲田朋美との関係を証言
10安倍100万円振込票と長女の目撃証言
11甲状腺がん「原発と関係ない」に反論!
12教育勅語復活論者の現代語訳はニセ物だ
13迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
14籠池理事長が反撃動画で安倍、稲田に
15安倍応援団の情報操作に騙されるな!
16“第二の森友”安倍と加計学園の新疑惑
17“第二の森友学園”関係者を最高裁判事に
18安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
19森友で橋下と松井が国の圧力暴露も…
20昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」